安城市長選挙2019の開票結果速報。出口調査の結果や立候補者の公約も【2月3日】

安城市民選挙2019

2019年2月3日(日)に行われる安城市長選挙。

今回の安城市長選挙は、任期満了に伴い行われるもので、立候補者は新人で元衆議院議員の大見正氏、新人で元市議会議員の永田敦史氏、現職で5期目を目指す神谷学氏の3名です。

今回の安城市長選挙では激戦が予想されており、3名のうちどの候補者が当選するのか注目が集まっています。

本記事では、注目されている安城市長選挙の開票結果速報や出口調査の結果を紹介していきます。また、立候補者の公約もわかりやすくまとめてみました。

※開票結果速報や出口調査の結果は、2月3日にわかり次第紹介します。

Sponsored Links

安城市長選挙2019の基本情報

2019年の安城市長選挙の投票日や告示日を紹介していきます。

安城市長選挙【2019年2月3日】の基本情報

・安城市長選挙告示日:平成31年1月27日(日)
・投票日:平成31年2月3日(日)
※愛知県知事選挙と同日

期日前投票の基本情報

安城市長選挙の当日にに投票に行けない理由がある場合は、期日前投票を行いましょう。

・場所
安城市役所(北庁舎7階)
明祥支所(明祥プラザ)
桜井支所(桜井公民館)
北部支所(北部公民館)
※期日前投票は、お住まいの地域にかかわらず、いずれの場所でも投票できます。・期間:1月28日(月曜日)~2月2日(土曜日)・時間:午前8時30分~午後8時

期日前投票場所は、各市の市役所や公民館などで実施されます。

市町村ごとの期日前投票場所は、安城市長選挙のHPから確認できますので、しっかり確認して投票に行きましょう。

Sponsored Links

安城市長選挙2019の開票結果速報や出口調査の結果は?

2019年2月3日に行われる安城市長選挙は、即日開票され、結果がわかります。

安城市長選挙の投票率は、53.26%でした。

当落名前得票数
大見正元衆議院議員・新人)24,860
永田敦史元市議会議員・新人)13,762
当確神谷学(現市長)38,829

開票結果は、出口調査の結果やNHKなどのテレビ番組の速報で放送されると思いますので、情報がわかり次第追記しておきますね。

ちなみに、平成27年に行われた前回の安城市長選挙の投票率は50.81%で、愛知県知事選挙の前回の投票率・34%と比べるとかなり高い印象です。

それだけ、安城市の市民の方の市政への関心が高いことの表れでしょうか。

今回、18歳以上も投票権がありますが、18歳といえば、現在大学入試真っ最中です。

また、2月3日は寒い時期なので、雪が降ったりすると投票に出向くのが難しい人もいるかもしれませんね。しかし、安城市の未来を考えると、ぜひ一票を投じて欲しいと思います。

Sponsored Links

安城市民選挙2019の立候補者は?

2019年の安城市民選挙の立候補者は次の3名です。

・無所属の新人で元衆議院議員の大見正氏(60)。
・無所属の新人で日本維新の会と地域政党・減税日本が推薦する元市議会議員の永田敦史氏(48)。
・無所属の現職で5期目を目指す神谷学氏(60)

安城市民選挙2019に立候補したのは、現安城市長の神谷学氏と、新人の大見正氏、永田敦史氏の3名です。

現安城市長の神谷学氏はこれまでに安城市長を4期務めており、5期目を目指しています。

新人・大見正氏の経歴

名前:大見正(おおみ せい)

生年月日:1958620

出身地:愛知県安城市

出身大学:関西外国語大学

大見正さんは、愛知県安城市出身で現在60歳。

高校は刈谷北高等学校を卒業し、関西外国語大学へ進学します。

大学卒業後は、会社員として2年間務めますが、その後、衆議院議員・浦野烋興の秘書となりました。

大見氏の祖父は、初代安城市長の大見為次氏であるため、大見氏も小さい頃から政治に興味があったのかもしれませんね。

大見正氏は、19954月に安城市議会議員に初当選し、1999年に再選を果たしています。

2012年には、衆議院議員選挙に出馬し、初当選。2019127日に安城市長選に立候補したことで、衆議院議員を退職しています。

新人・永田敦史氏の経歴

名前:永田敦史(ながた あつし)

生年月日:1970524

出身地:愛知県安城市

出身高校:愛知県安城東高等学校

永田敦史さんは、愛知県安城市出身の48歳。3人のうちで最も若い候補者ですね。

安城東高校を卒業後、株式会社デンソーに入社します。会社員時代に、政治ボランティアに参加するようになり、会社員を8年間務めたのち、衆議院議員の秘書を務めるため退社しました。

1999年に安城市議会議員に立候補し、初当選を果たします。この時、永田氏は28歳。最年少で当選を果たすこととなりました。

2011年には、安城市長選挙に出馬しましたが、残念がら落選しています。

現安城市長・神谷学氏の経歴

名前:神谷学(かみや がく)
生年月日:195864日(60歳)
出身地:愛知県安城市
出身大学:東京農業大学農学部

神谷学氏は、愛知県安城市東端町生まれの現在60歳。

地元の安城高等学校を卒業したのち、東京農業大学農学部へと進みました。卒業後は、長野県にある八ヶ岳中央農業実践大学で研修し、職員として勤務しました。

3年勤務したのち、安城市へ戻り家業のハウス園芸を手がけ、1987年に安城市議選挙に出馬し、初当選を果たしました。

神谷氏は、1999年には4期目の安城市議選当選。20025月には安城市議長に就任しましたが、安城市長選挙に出馬するため200211月に議長を辞任し、200324日の安城市長選で初当選を果たしました。

その後、20191月現在までに安城市長を4期務めており、201923日に行われる安城市長選挙では5期目の当選を目指しています。

Sponsored Links

立候補者の公約は?

今回の安城市長選挙は、激戦になると見られています。

気になる大見正氏、永田敦史氏、神谷学氏のそれぞれの公約を簡単にまとめると次のようになります。

大見正氏:自動運転自動車など次世代自動車を活用し新しい街を作る
永田敦史氏:税金の使い道を納税者が決められる制度を導入する
神谷学氏:民間と協力した都市開発の推進

大見氏、永田氏、神谷氏の公約をさらに詳しく見ていきましょう。

大見生氏の公約内容

大見正氏があげている公約は、新しい街づくりに焦点が当てられています。

・次世代自動車の走る安城

・世界とつながるワクワクする安城

・市民にやさしい福祉の安城

大見氏は、「新しい時代に新しい風!新しい市長を520年は長すぎるという」なかなかキャッチーな言葉をあげています。

永田敦史氏の公約内容

永田敦史氏があげている公約は、市民の生活改善に焦点が当てられています。

・安城市民応援納税の実施

・市長給与・退職金を30パーセント削減

・新規産業の誘致

・三河安城創生プロジェクト

・教育の多様化

永田氏の公約には、これまで市議として活躍してきた中で見た問題点を市長になって改善していきたいという思いが見て取れますね。

現安城市長の神谷学氏の公約内容

現安城市長の神谷学氏があげている公約は、「市民の未来」「まちの未来」「産業のみらい」に焦点が当てられています。

・市民の健康寿命を延ばす

・持続可能な街づくり

LotAIを活用し農工商業の活性化する

・教育環境の充実

神谷氏は、これまでに4期の安城市長を務めていますので、その実績と経験をもとに安城市のさらなる発展を目指しています。

Sponsored Links

安城市長になるのは大見氏、永田氏の新人か現市長の神谷学氏か!

今回の安城市長選挙は、保守派の票が分裂し激戦になるのでは?と予想されています。

現安城市長である神谷学氏が、5期目の当選を果たすのでは?という見方もありますが、大見氏や永田氏も長く安城市議会議員を務めた実績もあるため、三つ巴の戦いになると見られています。

神谷氏が当選すると、5期目の安城市長となりますが、これまでの安城市のまま発展して欲しいという市民と、全く新しい街づくりを行って欲しいという市民で意見が分かれそうです。

新しい市長を望む声が多ければ、大見氏、永田氏のどちらかになるのではと思います。

Sponsored Links

まとめ

安城市長選挙2019の開票結果速報や出口調査の結果や大村秀章氏と榑松佐一氏の公約についてまとめてみました。

安城市長選挙は2019年2月3日に投開票が行われます。

出口調査や結果速報は、わかり次第、本記事で紹介していきます。

2019年2月3日に行われるこちらの選挙も注目されています!

Sponsored Links