厚木市長選挙2019の開票結果速報。出口調査の結果や多選自粛条例の是非は?【2月17日】

厚木市長選挙2019

2019年2月17日(日)に行われる厚木市長選挙。

今回の厚木市長選挙は、任期満了に伴い行われるもので、立候補者は新人で厚木市議の石射正英氏、新人で神奈川県議の佐藤知一氏、現職で4期目を目指す小林常良氏の3名です。

今回の厚木市長選挙では激戦が予想されており、3名のうちどの候補者が当選するのか注目が集まっています。

本記事では、注目されている厚木市長選挙の開票結果速報や出口調査の結果を紹介していきます。また、立候補者の公約もわかりやすくまとめてみました。

※開票結果速報や出口調査の結果は、2月17日にわかり次第紹介します。

Sponsored Links

厚木市長選挙2019の基本情報

2019年の厚木市長選挙の投票日や告示日を紹介していきます。

厚木市長選挙【2019年2月17日】の基本情報

・投・開票日:平成31年2月17日(日曜日)

・告示日:平成31年2月10日(日曜日)

期日前投票の基本情報

厚木市長選挙の当日にに投票に行けない理由がある場合は、期日前投票を行いましょう。

期日前投票・不在者投票期間 平成31年2月11日(月曜日)から2月16日(土曜日)まで

期日前投票場所は、各市の市役所や公民館などで実施されます。

市町村ごとの期日前投票場所は、厚木市長選挙のHPから確認できますので、しっかり確認して投票に行きましょう。

Sponsored Links

厚木市長選挙2019の開票結果速報や出口調査の結果は?

2019年2月17日に行われる厚木市長選挙は、即日開票され、結果がわかります。

当落名前得票数
石射正英(市議・新人)
佐藤知一(神奈川県議員・新人)
当確小林常良(現市長)

開票結果は、出口調査の結果やNHKなどのテレビ番組の速報で放送されると思いますので、情報がわかり次第追記しておきますね。

ちなみに、平成27年に行われた前回の厚木市長選挙の投票率は42.60%で、市長選挙の投票率としては低めです。

今回は18歳以上の10代も投票できますので、厚木市の未来を考えてぜひ投票に行って欲しいですね。

Sponsored Links

厚木市長選挙2019の立候補者は?

2019年の厚木市長選挙には、新人で厚木市議の石射正英氏、新人で神奈川県議の佐藤知一氏、と現厚木市長の小林常良氏の3名が立候補しています。

新人で厚木市議の石射正英氏

新人で神奈川県議の佐藤知一氏
・現厚木市長の小林常良氏

郷土史家の島口健次氏も立候補の意思を表明していましたが、2019年1月15日に立候補を取り下げたことがわかりました。

島口氏は、もともと小林・現厚木市長の無投票選挙を防ぐ目的で立候補しており、他にも候補者がたったことから自分の目的は達成されたと語っています。

それでは、石射正英氏、佐藤知一氏、と現厚木市長・小林常良氏のそれぞれの経歴を見ていきましょう。

新人・石射正英氏の経歴

名前:石射正英(いしい まさひで)

生年月日:1954

出身地:神奈川県厚木市

出身大学:東京薬科大学

石射正英氏は、神奈川県厚木市出身の現在、64歳。

神奈川県立厚木高等学校を卒業後、東京薬科大学へ進学しました。

東京薬科大学卒業後は、北里大学で医学博士号を取得し、北里大学病院などで薬剤師として働きました。

石井氏は、19歳の時に父親を院内感染でなくす経験をしており、当時、大学で化学を学んでいましたが、その時から医療の道を志すことを決意しました。

新人・佐藤知一氏の経歴

名前:佐藤知一(さとう ともかず)
生年月日:1970年01月12日

出身:神奈川県厚木市

出身大学:慶應義塾大学・早稲田大学大学院

佐藤知一氏は、神奈川県厚木市出身で、現在48歳。

日大藤沢高校を卒業後、慶應義塾大学へと進学し、その後は、早稲田大学大学院に進んでいます。

2003年に厚木市議会議員選挙に立候補、初当選を果たし、2期務めました。

佐藤氏は、現在、神奈川県議会議員を務めており、共働きの妻と2人の子供と生活しています。

現厚木市長・小林常良氏の経歴

名前:小林常良(こばやし つねよし)
生年月日:1949年4月28歳
出身地:神奈川県厚木市
出身大学:日本大学農獣医学部

小林常良氏は、神奈川県厚木市出身の69歳。

神奈川県立中央農業高等学校を卒業し、日本大学農獣医学部に進学しました。

大学卒業後の1972年に厚木市役所に入庁します。

1991年には厚木市議会議員選挙に出馬し、初当選を果たすとともに、2003年まで3期12年市議を務めました。

2003年には神奈川県議会議員選挙に出馬し、当選。順調に議員生活を送っている印象ですね。

2007年には、厚木市長選挙に出馬するため、県議会議員を1期の任期途中で辞職し、厚木市長選に出馬。そして、初当選を果たしました。

小林常良氏は「まだ厚木市長としてやることがある」と4期目の厚木市長を目指すべく、厚木市長選挙に出馬を決めました。

Sponsored Links

3期12年の多選自粛条例の是非は?

現厚木市長の小林常良氏は、現在、市長として3期目の任期中であり、次回の厚木市長選挙で当選すれば4期目となります。

しかしながら、厚木市では小林常良氏が市長就任1年目に「連続して3期を超えて在任しないように努める」という厚木市の条例があり、自ら言い出した条約にも関わらず破るのか?という声も上がっているようです。

また、小林氏が市長就任1年目に提案し、市議会で制定された厚木市長の在任の期数に関する条例(市長多選自粛条例)に、「連続して3期(12年)を超えて在任しないよう努める」と記載されている点について触れ、「小林市長の3期12年の功績や実績は認めるが、自分で条例を作っておいて守らないのは矛盾している」と指摘。「多選を阻止したい」と語った。

出典:タウンニュース

条例に書かれている文言を見ると「連続して3期を超えて在任しないように努める」となっています。

努めるということは、そうなるように努力はするという意味ですので、小林氏が必ずしも条約違反ということにはならなさそうです。

とはいえ、自ら決めた条約ですので、小林氏には市民を納得させる説明ができるかが4期目当選への鍵となっていきそうですね。

小林常良・現厚木市長は、

「非常にジレンマがあるが、多くの事業を抱える現職の責任を投げ出すことはできない」

と4期目の厚木市長選出馬を決めました。

これを受けて、

佐藤知一氏は、

「多選阻止が一丁目一番地」

石射正英氏は、

「最大の出馬動機は多選への疑問」

と、多選を防止するために厚木市長への立候補を決めています。

厚木市民の中には、街の刷新を望む声もありますので、厚木市長選挙は票が割れる激しい選挙になると思われます。

Sponsored Links

まとめ

厚木市長選挙2019の開票結果速報や出口調査の結果や多選条約の是非についてまとめてみました。

厚木市長選挙は2019年2月17日に投開票が行われます。

出口調査や結果速報は、わかり次第、本記事で紹介していきます。

Sponsored Links