地明真希(食パン専門店利)のサンドイッチは通販やお取り寄せ可能?値段や購入方法も調査!

食パン専門店利

週1回、2時間半しか出会えない
幻のパン屋さん、食パン専門店“利”をご存知ですか?

とても少ない営業時間ですが、
パンは2時間で完売しちゃうんです。

そう聞くと食べたくなってきちゃいますよね。

そこで今回は、食パン専門店“利”の
サンドイッチや食パンは
通販お取り寄せが可能なのか、
購入方法などについても調べてみました!

Sponsored Links

地明真希プロフィール

大人気の食パン専門店“利”、
店主は元幼稚園の先生である地明真希(ちあき まき)さん。

実家の近くにある自宅の一室を改造して、
2013年にパン屋を開店しました。
パンの焼成から販売まで全て1人で切り盛りしています。

真希さんが、
園児たちと触れ合う仕事から
パン屋に転じたのには、
土木職人だった父親の突然の事故死がきっかけだったそうです。

2010年6月25日、
父・利男さんは作業中に
クレーンが倒れる事故でこの世を去りました。

土木職人として仕事一筋だった
利男さんの仕事への熱意やこだわりが、
真希さんをパン職人の道へと駆り立てたそうです。

父親譲りの職人気質で猛勉強し、
現在のパン屋を開きました。

今でも365日24時間、
頭の中はパンのことでいっぱい。
まさにパン職人ですね。

真希さんが営むパン屋“利(とし)”は
父親の“利男”の名前からつけられたのですね。

Sponsored Links

食パンやサンドイッチはお取り寄せ可能?

栃木県日光市の閑静な住宅街の中に
ひっそりと佇んでいる食パン専門店“利”

営業時間は毎週土曜日
午前9時から午後12時までの3時間ですが、
完売すると終了なので2時間で閉店してしまうこともあります。

少ない時間にしか出会えないことから幻のパン屋として有名です。

場所は、
日光東照宮から東へ車で約12分。

東武日光線上今市駅からだと
西へ車で約8分のところにあります。

自宅を改造してオープンした為、
外観は普通のおうちのようです。

開店前から
すでに30人ほどのお客さんが並んでいて、
まだ薄暗い明け方から並ぶ人もいるそうです。

北海道の小麦粉、
長野の天然水、
沖縄の塩
など食材にこだわり、
丁寧に焼き上げられた食パンは
午前9時に開店するとあっという間に売り切れてしまいます。


1番人気はお店の名前がついた
「利の食パン」です。

すっきりとしたクセのない味わいで、
そのままだと“もちもちふわふわ”、
トーストすれば“外はサクサク
中はもちもち”で違った味わいが楽しめます。

何もつけなくても
もちろん美味しいですが、
バターやジャムとの相性も抜群です。

オープン当時は
「利の食パン」のみでしたが、
現在は「雪山食パン」「男体山」など
山型の食パンも増えました。

それぞれ味や食感が異なり、
その時の気分で食べ方なども変えるといいでしょう。

どのパンもその場で希望の厚みにカットしてもらえます。

また、レーズン好きにはたまらない
「プレミアムサルタナレーズン食パン」も人気。

サルタナレーズンは
短時間の天日干しで乾燥させるので、
しっとりとジューシー、
甘みも強いのが特徴です。

レーズン嫌いだった人が、
サルタナレーズン食パンを食べて好きになった、
という感想がお店に寄せられる程、
大変美味しいパンなんだそう。

そう聞くと、
ぜひ食べてみたいですよね。

また、利には限定のプレミアム版もあります!

プレミアム食パンには
「利」の焼き印が押されており、
何もつけずにほおばるだけで、
しっとり広がる芸術のパンと
全国のパン好きをうならせる大変人気の食パンです。

真希さんによると、
トースターで焼いた後、
すぐに食べたい気持ちをぐっとこらえて、
2~3分くらい待ってからいただくのがオススメ
だそうです。

食べたい気持ちをぐっとこらえてってかわいいですよねw

食パン専門店なだけあって、
お店の商品は食パンと、
その食パンを使ったサンドイッチのみです。

サンドイッチは
具がてんこ盛りでみてるだけで
テンションが上がっちゃいます。

しかし、食パンもサンドイッチも
たくさん種類があるので、
店内に入るとどれを買おうか迷ってしまいます。

週6日を仕入れや仕込みに費やし、
納得のいかない食パンはお店に出さないなど、
真希さんの強いこだわりが垣間見えます。

Sponsored Links

通販やお取り寄せは可能?

ここまで人気の“利”の食パン、
お取り寄せはできるのでしょうか?

食パン専門店 利の
インスタグラムのトップページを確認すると、
「食パンの〇月分の通信販売分完売です。」と記載がありました。

ですので、通販やお取り寄せは可能です。

ただ、一瞬で完売するそうなので、
フェイスブックやインスタを
こまめにチェックしておく必要がありそうです。

お取り寄せができるのは
食パンのセット販売のみで、
サンドイッチは商品発送できないのでご注意ください。

代わりにFacebookや
インスタグラムを閲覧した人限定で、
スコーンが通信販売されることがあります。

発送には商品代金の他に、
送料と代引き手数料(324円)が必要です。

代引き手数料ということは、
もしかすると支払いにカードや振り込みは
使えそうにない
のでご注意くださいね。

Facebookをチェックして、
食パンのお取り寄せに挑戦しようと思っています。

値段や購入方法も調査!

食パンの価格は以下の通りです。

・利の食パン 900円
・雪山食パン 大700円・小600円
・男体山 880円
・プレミアムサルタナレーズン 1400円
・プレミアム食パン 1300円

プレミアムサルタナレーズンや
プレミアム食パンは限定版なだけあって、
少し高価ですね。

でも、それほど美味しい食パンなので食べる価値はあります!

通信販売の購入方法は
Facebookのメッセージ、
もしくは電話での注文
となります。

予約の受付時間は
電話の場合、月~水曜日
6:30~7:0018:00~19:00の間だけなので、
早めに予約しましょう!

Facebookのメッセージの場合は24時間受付です。

インスタグラムを確認すると、
月が替わって1週間経たないくらいには
お取り寄せ分は完売してしまうので、
月が替わってすぐに予約をするのが良さそうです。

利の食パンは予約以外にも
店頭に並ぶ分もあるそうですが、
通常、当日の店頭販売は
一瞬で完売してしまいます。

ですので、
どうしても手に入れたい方は、予約必須です。

もしどうしても予約ができなかった場合、
当日の朝8時に整理券が配られます。

開店前の朝9時頃には
長蛇の列が並んでいるので、
気合いを入れて早めに出発した方がよさそうです!

また、
予約の受け渡し時間については
営業時間である午前中のみなので、
旅行先などで予約をした場合、
電車の時間や予定などを事前に確認しておきましょう。

まとめ

少ない営業時間にも関わらず、
大人気の食パン専門店“利”。

人気の秘密には、
店主・真希さんの強いこだわりと
職人魂があったのですね。

食べた人みんなが絶賛する食パンを、
皆さんもぜひ食べてみてはいかがでしょうか?