銅子正人(テキシアジャパン)の過去の経歴や詐欺の手口がヤバイ!コンサートや神主姿で出資者を勧誘

銅子正人テキシア

千葉市の投資会社「テキシアジャパンホールディングス」の経営者、銅子正人が詐欺容疑で逮捕されました。

経営者・銅子正人は歌手や神主も務めており会員の間では「KING(キング)」と呼ばれていました。

この記事では、2019年2月14日に逮捕された銅子正人の過去やテキシアホールディングスの詐欺事件の手口について紹介しています。

Sponsored Links

テキシアジャパンによる巨額投資詐欺事件が発生。被害総額は460億円

高配当をうたって出資金をだまし取ったとして、投資会社の会長ら10人が逮捕された事件で、会長は、自らを「キング」と称し、自身のコンサートを企画するなどして、出資金を集めていたことがわかった。

「テキシアジャパンホールディングス」の会長・銅子正人容疑者(41)ら10人は、「100万円の出資で月3%の配当」などとうその説明をして、愛知県内の顧客ら3人から、あわせて6,400万円をだまし取った疑いで、13日、逮捕された。

警察によると、銅子容疑者は、自らを「キング」と称し、主に中高年の女性をターゲットに自身のコンサートや旅行を企画するなどして、出資金を集めていたという。

銅子容疑者らは、全国およそ1万3,000人から、あわせて460億円余りを集めていたとみられ、警察が、全容の解明を進めている。

(東海テレビ)

銅子正人らは、1口100万円からの出資で毎月3万円貰えるとうたい、高齢者を中心に出資金を集めていた模様。

460億円を出資金として集めていましたが、運用方法などは明らかにされておらず、実際に運用されていたのかは不明です。

現在、銅子正人は容疑に関して、黙秘しています。

テキシアジャパンの組織や投資配当の仕組みは?

テキシアジャパンはネズミ講の組織となっており、勧誘した人数によってランクが決まり、配当が上がっていく仕組み。

テキシアの出資者の構造は以下のような四段構造になっています。

・ディレクター(約130人)
・マネージャー(約220人
・エバンジェリスト(約1210人)
・一般会員(約1万1360人)

一般会員からエバンジェリストに昇格するには、500万円以上の出資か、3人以上の新規勧誘が条件だったようです。

ランクが上がれば、配当が上がることから新しい人を勧誘してランクを上げたいと思いますよね。

知らない人を勧誘しないでくださいと言っていたようで、会員は親族や友人などに声をかけ、出資者を集めていたそうです。

Sponsored Links

銅子正人の経歴や学歴は?

名前:銅子正人(どうこまさと)
通称:田中正人
生年月日:1977年5月2日
出身地:福井県
シンガポール在住

普段、銅子正人は会員からKING(キング)と呼ばれており、カリスマ性を発揮して出資者を募っていたとのことで、以下のような活動をしていました。

・自身のコンサート
・旅行やツアー
・神主

コンサートなどで出資者を拡大していたと見られています。

白スーツにサングラス、バックダンサーの女性を従えていて、かなり怪しい雰囲気ですね。

コンサートやツアーであれば、新規の出資者も参加しやすいことから毎月行われていたようです。

さらに、神主というのが謎ですね。世界平和を祈るイベントで神主に扮していたそうですが、実家が神社なのでしょうか。。

それとも、世界平和を祈る姿を見せて出資者を募ろうとしていたのか謎です。

Sponsored Links

銅子正人のKINGはサッカー三浦知良選手から?

ちなみに、銅子正人について調べていくと、阪南大学でサッカーをしていたという情報が出てきます。

阪南大学は大阪にあるサッカー強豪校で、プロサッカー選手を多く輩出しています。

銅子正人は1997年の天皇杯にもスタメンとして出場し、当時、中山雅史選手率いるジュビロ磐田と対戦しています。

名門大学でスタメン出場していることから、銅子正人のサッカーのレベルはかなり高かったと予想されます。

しかし、銅子正人はその後、椎間板ヘルニアを患ったため、選手を引退。スポーツトレーナーに転向したようです。

さらに驚きなのは、その後、三浦知良選手のスポーツトレーナーをしていたという噂があります。

銅子正人が名乗っていたKINGという呼び名は、三浦知良選手のキング・カズからとったものでは?と思えてきますね…

三浦選手にとっては、迷惑以外の何物でもありません。

Sponsored Links

テキシアジャパンの詐欺の手口がヤバイ

テキシアジャパンでは、出資者に対して以下のような説明をしていたそうです。

・1口100万円からの出資で毎月3万円貰える
・元本保証
・13ヵ月後に解約で元金が戻る

これがもし本当だったらかなりおいしい投資案件だと思いますが、本来、投資商品は元本保証はうたえないはずです。

毎月3%の配当はかなり大きいので、老後の生活や年金生活に不安を抱えている高齢者の心の隙をついた勧誘を行っていたと思われます。

また、コンサートなどで仲間意識を高め、出資を断りにくくしていたと考えられます。

銅子正人は以下のような言葉で出資者を煽っていたようです。

子キングたちよ、魂の中に眠っていた熱い想いを呼び起こせ

普通に聞くと、ダサい呼びかけだ…と思ってしまうのですが、高齢者の方にとっては自分の子供ほどの年齢の銅子容疑者が語りかけることでかわいいと思ってしまったのでしょうか…

Sponsored Links

テキシアジャパンの実態も怪しかった?

日本では、投資目的でお金を集める場合、金融商品取引業者に登録する必要があります。

しかし、テキシアジャパンは金融商品取引業者の登録リストには載っていません。ということは、無登録で違法の投資会社ということがわかります。

他にも、テキシアジャパンの会社の実態も怪しいです。

テキシアジャパンの本社住所は以下です。

兵庫県神戸市中央区北野町1丁目2番地2

この住所を調べるとマンションが建っていますが、マンションであれば部屋番号が必要なはず。

テキシアジャパンの持ちマンションでれば、住所のみであることも理解できますが、地上5階、地下1階のマンションを持っているとは考えにくいので、本社がこの場所なのかは不明です。

テキシアからの配当ストップ

2017年6月頃にはテキシアからの配当は止まっているという書き込みが見られるようになりました。

そろそろやばいという声が多々上がっている中、2018年頃にはすでに警察も動き出しているという噂も囁かれるようになりました。

テキシアジャパンは、投資で配当金を出す以外に、ワールドフレンドシップコインという仮想通貨事業にも乗り出していましたが、この頃すでにテキシアの配当は止まっており自転車操業だった模様です。

銅子正人は詐欺について黙秘を続けています。銅子容疑者が逮捕されたことで、被害を訴える被害者の方が出てきそうです。

こちらもよく読まれています。

Sponsored Links