橋本龍(東洋大駅伝部)の顔画像や経歴は?暴力を告発もツイッター内容は削除しコメント欄が炎上

橋本龍

東洋大駅伝部で部内暴力があったと、週刊文集の予告動画で報じられました。

告発したのは東洋大学陸上部1年生の橋本龍くんとのこと。

そこで今回は橋本琉くんの顔画像や経歴、ツイッターの投稿内容についてもまとめてみました。

Sponsored Links

週刊文春の内容は?

今回週刊文春が報じたのは、東洋大学陸上部で起きた暴行事件について。

箱根駅伝で5年ぶりの優勝を狙う東洋大陸上競技部で、今年4月に入学したばかりの1年生への暴行事件が起きていたことがわかった。被害者のX君(18)が「週刊文春」の取材に応じ、証言した。

出典:yahoo

被害を受けたXくんによると、

X君の説明によれば、入部直後から寮や合宿などで“指導”が始まったという。
「毎晩、1年生は寮の掃除などの仕事をこなさないといけないのですが、僕はトイレや風呂場などの掃除について注意されることが多かった。4月には3年生で箱根駅伝にも出場していた先輩から怒られた際に、足を蹴られました」
7月以降、上級生からの指導はますますエスカレート。そして9月、新潟の山古志で行われた合宿で2年の選手から“指導”を受け、X君の我慢は限界に達した。
「練習器具を忘れたことを咎められた際、『マジで死ねよ』と首を絞められた。さすがに酷いと思って、母親に『もう辞める』とLINEで連絡しました」

出典:yahoo

とのこと。

その後、陸上部の酒井監督や部長とともに話し合いの場が持たれたそう。

9月20日、寮の会議室でX君と母親、陸上部の酒井俊幸監督、部長の間で話し合いが持たれ、“指導”に加わった先輩部員も同席し、暴言・暴行の事実を認め、謝罪したという。

出典:yahoo

話し合いの席で、暴言・暴行に対して先輩部員は謝罪したと書かれていますが、

今回、週刊文春に掲載されたということはXくんは納得していなかったという可能性が高そうですね。

Sponsored Links

橋本龍の顔画像や経歴は?

今回、暴力を告発した橋本龍選手の顔画像はこちらです。

橋本龍

インスタもツイッターもやっており、そこに投稿されていました。

気になる経歴についてもまとめていきます。

名前:橋本龍(はしもとりゅう)
年齢:18歳
出身高校:東京農業大学第三高等学校

橋本龍選手は中長距離を専門にしている陸上選手。

2018年6月30日に秋田県で行われた男鹿駅伝では東洋大学Bチームとして出場。

6区を任され、区間4位という記録を残しました。

区間4位ってなかなかの好成績ですよね。

真剣に陸上に打ち込んでいたはずの橋本龍くんですが、部に馴染めなかったりしたのでしょうか?

橋本くんの部活や寮での態度が悪かったという話も出ており、何が真実なのかがよくわからない状況ですね。

Sponsored Links

これまでのツイッター投稿を削除

橋本琉くんはツイッターのアカウントを持っていて、自分の意見を頻繁にツイートしていたようなのですが、、

これまでの投稿を削除しました。

週刊文春に掲載されることが決まったためなのかはわかりませんが、現在見られるのはこのツイートのみですね。

10月9日のツイートなので、文春に掲載されることは決定していますよね。

過去のツイート内容にマズイものでもあったのかなと思ってしまいます。

過去ツイートの中には「お金が欲しい」と書いてあったものもあるようで、ネット上では文春に売ったのはお金のためなの?という声も上がっているようです。

Sponsored Links

大学側の対応は?

スポーツのパワハラ問題などの取材を続けている詩人ジャーナリストの方が、東洋大学後方に取材をした時の回答が掲載されていました。

本年9月初旬陸上競技部に所属する1年生が、無断で寮を出たという事案が発生致しました。
その原因が部員からの暴力行為では無かったかという申告を受けまして、直ちに関係者に対して詳細に聞き取り調査を行いました。
その結果、当該1年生は入学以来、常軌を逸した日常生活が続きました。
上級生が注意をすると、舌打ちを打ったり、自分で冷蔵庫を購入し、自分のベッドの上に置いたり、生活態度に望ましくないものがありました。
その状況に耐えかねた部員から、その1年生に対して、生活の注意をする際に、ふさわしくない言動があったことは確認しました。
この事実を受けて、直ちに当該1年生と、関与した部員双方が話し合いを持ち、お互いの至らぬ点を確認、謝罪する機会を持ちました。

この状況につきましては、直ぐに、所属する関東学生陸上競技連盟に相談しており、大学として対応している件でございます。

陸上競技部では、場を清め、時を守り、礼を尽くすことを寮生活の基本と掲げ、日々の学生生活を送ることを奨励しています。
このように、寮生活を通じて、チームワークを醸成することから、上級生と下級生が同室となり、上級生が指導役となります。
この度の件は、再三の注意に対して、当該1年生が反抗的な態度に終始し、改善がなされない状況に、ストレスから、上級生が体調を崩してしまう状況でした。
しかしながら、この度の部員からの、当該1年生に対する行為は、決して是認されるものでは無く、大学として猛省を促し、本人達も涙ながらに、自らの至らぬ行為に謝罪致しました。
出典:note

大学側の回答によると、

当該1年生は入学以来、常軌を逸した日常生活が続きました。

上級生が注意をすると、舌打ちを打ったり、自分で冷蔵庫を購入し、自分のベッドの上に置いたり、生活態度に望ましくないものがありました。

その状況に耐えかねた部員から、その1年生に対して、生活の注意をする際に、ふさわしくない言動があったことは確認しました。

などと書かれています。

暴力はいけないことですが、これが本当だとしたら橋本くんにも改善できる点があったのかもしれません。

また、

大学として猛省を促し、本人達も涙ながらに、自らの至らぬ行為に謝罪致しました。

とありますが、本人達の中に橋本龍くんが入っていたのかが気になります。

涙ながらに謝罪したということですが、もし当人が自分にも非があったと認めていたら、週刊文春に告発するということにはならないんじゃないかと思いました。

東洋大学の陸上部では退部者が続出しているという噂があり、退部者続出の原因は酒井監督の性格が良くないからとも言われているようです。

酒井監督が就任してから東洋大学は強くなったイメージがあるので、選手と監督との絆は強いのかなと思っていましたが実際はどうなんでしょうか。

また、東洋大学は文春に掲載されるということで10日に週刊誌の記事についての見解を発表しました。

 長距離ブロック全部員57名への調査によると、当該1年生は入部以来、合宿生活において上級生及び同級生から何度も同じ指摘(生活ルール違反、係用務怠慢、授業態度不良、一貫性のない発言等)を受けても改善が見られないため、関係する部員は疲弊している状況だったとのことでした。当該1年生が示す反応(舌打ちを繰り返す、鼻で笑う、ため息をつく等)のため、上級生及び同級生が感情的になる事態が生じていた。

そのため、当該1年生に対し、4月に胸元をつかむ行為1件、4月に臀部を軽く蹴る行為1件、6月に胸元をつかむ件1件、9月に暴言とともに鎖骨付近を押す行為1件が発生。9月20日に当該1年生と保護者から監督と陸上競技部長が事情を聴取。その後、ふさわしくない言動をした部員4名と話し合いの場を持ち、学生間で互いの認識や至らぬ点を確認し、双方で謝罪し合った。ふさわしくない言動をした部員4名は厳重注意を受けた。

9月19日、26日には関東学生陸上競技連盟に対し、今回の調査結果及びその発生原因、当該学生たいちの話し合いの状況などを報告した。

今回のことを教訓とし、再発防止に務める。指導者・部員一丸となって取り組む。

最後に「今回の記事についてご心配をおかけしましたことを、重ねてお詫び申し上げます。以上」と結んでいる。
出典:yahoo

大学としてとても早い対応なので、もしかしたら以前から問題になっていたのかもしれません。

ネット上では、東洋大学の選手や酒井監督を応援する声も上がっています。

暴力はいけないことですが、真面目に頑張っている選手が駅伝に出られなくなるのはかわいそうだとも思っていまいます。

Sponsored Links

橋本琉くんのツイッターが炎上!

今までの投稿を全て消して、10月9日に意味深なツイートをしている橋本くん。

橋本くんの投稿には色々な声が集まっています。

9割くらいは好意的なものではないですね。。

橋本くんが指導を受けても直さなかったのが本当なのか、暴力はどの程度あったのか、言ったもの勝ちにならないようにきちんと双方の意見を聞いて解決に向かって欲しいと思います。

まとめ

橋本龍(東洋大駅伝部)の顔画像や経歴について、ツイッターについてまとめてみました。

東洋大学の駅伝部といえば、酒井監督のもと強くなったイメージ。

今回、暴力があったということで東洋大学駅伝部の大会出場などに影響が出てくることが心配です。

もちろん、暴力があったことはいけないことですが、個人的には一方的な暴力なのか、それとも普段の生活態度の悪さからケンカに発展した末の暴力だったのかが気になります。

週刊文春は10月11日の発売なので、内容をチェックしたいと思います。

Sponsored Links