悠仁さまの成績や学力は?中学の進学先は筑波が有力だが不登校の噂も気になる

悠仁様

秋篠宮のご長男であられる悠仁さま

 

現状の皇室典範によると現在の皇太子である徳仁親王、
お父様の秋篠宮文仁親王に継ぐ皇位継承順位をお持ちで、
未来の天皇となられる可能性がとても高い方です。

 

そんな悠仁さまの成績や学力はどのくらいなのか、
中学の進学先はどこになるのか気になったのでまとめてみました。

悠仁さまの記事は、こちらもよく読まれています!

Sponsored Links

悠仁さまの成績や学校での学力は?

今年から中学生になられる悠仁さま。
学校での成績や学力はどうなのでしょうか?

 

皇族の方って研究者としての実績を
持つ方も多いですし頭が良いイメージが強いですね。

 

今上天皇もハゼの研究者としても一流であるとされ、
何種類もの新種のハゼを発見したことが知られています。

 

海外の研究者グループも天皇陛下を尊敬し、
発見したハゼに「アキヒト属」
陛下のお名前を織り込んだこともあるんですよ。

 

では、悠仁さまの学力や成績はどうなのでしょうか?

 

これは残念ながら、数値としては出てきませんでした。

 

悠仁さまは現在、
お茶の水女子大学付属小学校に通われています。

 

悠仁さまは幼稚園から
お茶の水に入っていらっしゃいますし、
幼稚園、小学校はペーパー試験が
重視されているわけではないようで、
偏差値が公開されていません。

 

小学校の通知表が流出でもしないかぎり、
悠仁さまの学力を推し量ることはできなそうです。

 

だ、お茶の水女子大学付属中学校の
偏差値は69とされています。

 

これはかなり高いですよね。

 

この偏差値が必要なのは
中学受験をする人たちですが、
内部進学組との偏差値の違いが大きいと
授業が成り立たなくなるので、
悠仁さまもこの程度の学力は
お持ちなのではないかと思われます。

 

また、悠仁さまは
工作が得意でいらっしゃるようで、
毎年12月に行われる「宮内庁職員組合文化祭」では、
悠仁さまの作品が毎回注目されています。

 

2015年は高さ3メートルを越える信号機模型。

 

2016年も信号機と、切絵。

2017年はご家族と協力して作られたという
古民家のミニチュア。

すごく精巧な古民家ですよね。
ご家族で協力されたとのことですが
それにしても本格的です。

 

2018年は針金と紙粘土で作った、
精巧なトンボでした。


このトンボ、
一見本物にしか見えないので驚きです!

 

細かな作業がお好きなのでしょうか。

 

これだけのものを完成させるには
相当な集中力が必要ですよね。

 

勉強の方でも
その集中力が発揮できているとすれば、
学力もかなり高いのかもしれません。

Sponsored Links

中学の進学先は筑波が有力なのは本当?

悠仁さまは現在小学6年生。
中学校はどこへ進学されるのでしょうか?

 

お茶の水女子大学付属中学校へ
内部進学が一般的ではありますが、
別の進学先を検討しているという
噂が出ているんです。

 

お茶の水女子大学付属小学校は
高校から女子校となりますが、
中学は共学のままで、
悠仁さまも内部進学されると思われていました。

 

しかしどうやらそうとは限らないようなのです。

 

というのも、
お忍びで別の学校の文化祭を
ご見学されていたとか。

 

その学校というのが
渋谷教育学園渋谷中学高等学校で、
中高一貫の超進学校です。

 

偏差値74といいますから、
現在の学校よりは、
学力的にはかなり上のレベルですね。

 

自由な校風ながら
自分を律することを学ぶ
環境があるとのことなので、

「自分が関心を持っていることを伸ばして行ってくれたら
良いと思います」

という秋篠宮さまの考えとも合っています。

 

また、お茶の水女子大学付属小学校には
新しく提携校進学という制度ができたようです。

 

 

どうやら高校から女子校となるため、
男子の進学先を確保するための制度のよう。

 

悠仁さまもこの制度をつかって、
提携校である筑波大学付属中学校
進学される可能性もあるそうなのです。

 

この学校も偏差値69が必要ですから
学力的にレベルが高いです。

 

筑波大学は研究者のための環境が
整っているといわれていますので、
悠仁さまが他の皇族方と同様に
研究者としての道を究めようと
思われるのであれば理想的な進学先ですね。

 

筑波大学にはもうひとつ付属中学校があり、
実はこちらが本命ともいわれています。

 

それが
附属駒場中学校・駒場高等学校で、
通称筑駒。

 

偏差値78
これまでの候補の中では最も高いです。

 

筑波大付属中学が
有力といわれるのには
さらなる理由があります。

 

お茶の水女子大学付属中学校を
含めた4校のうち、
筑駒のみが男子校なのです。

 

これには姉の眞子さまと
小室圭さんのことが関係しているそうで・・・。

 

お母様である紀子さまや
宮内庁の関係者は、
できるだけ悠仁さまを
女性とは離れた環境において、
変なムシがつかないようにしたい
との意向をお持ちだというのです。

 

あ、決して小室さんが
変なムシだといいたい訳では
ありませんよ!

 

将来の進学先として
筑波大学は申し分なく、
中高一貫の男子校ということで、
筑駒が悠仁さまの進学先として
最も有力視されているというわけです。

【追記】

 

2019年2月5日、悠仁さまの進学する中学校が発表されました。

2019年4月からはお茶の水女子大学付属中学校へ進まれるそうです。

Sponsored Links

不登校の噂は本当?

今年4月からの中学校生活に向けて
着々と準備をしていらっしゃると
思われる悠仁さまですが、
まさかの不登校の噂がでてきましたので
こちらも調べてみました。

 

これまで悠仁さまが不登校だという
報道はみたことがなかったので
あれ?と思いましたが、
こちらはどうやら間違いのようです。

 

悠仁さまが元気に学校に行かれている、
という報道がないことからこの噂が
出たようなんです。

 

元気に学校に行っている報道が出ない
っていうのも変な話ですよね。笑

 

確かに、
愛子さまについては一時期、
今日は学校に行かれた、
教室で授業を受けられた
という報道が多くありましたが、
あれはその前に不登校の報道が
あったからなんですよね。

 

元々学校に行かない時期が
なかった悠仁さまについて、
学校に行かれたかどうかの報道が出ないのは当然です。

 

学校行事にも休むことなく
参加されているようですし、
悠仁さまが不登校ということがなさそうで安心しました。

Sponsored Links

まとめ

悠仁さまの
現在の学力と進学先の中学校について、
不登校の噂について調べてみました。

 

悠仁さまの進学先の候補から、
かなり学力は高いのではないかと思われます。

 

春からの進学先として有力なのは
中高一貫の男子校である
筑波大学附属駒場中学校でした。

 

また、
不登校の噂もありましたが
こちらは思い違いで、
悠仁さまは元気に学校に通われているようです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

悠仁さまの記事は、こちらもよく読まれています!

紀子さまの記事は、よく読まれています!

Sponsored Links