隠れインフルエンザとはどんな症状?熱はないし予防接種済でも感染の可能性あり?

隠れインフルエンザ

毎年冬になると流行してしまうのがインフルエンザ。

 

私の住んでいる地区の小学校でもなんと学年閉鎖が相次いでいます。

 

インフルエンザって40度近くの熱が出て、関節が痛くなったりしてとにかくツライーっていう感じなのですが、2018年のインフルエンザは例年と少し違う特徴があるようです。

 

それが、隠れインフルエンザという症状。

 

インフルエンザにかかっていても症状が出なかったり検査で陰性になってしまうことがあるようです。そんな隠れインフルエンザの症状や自然治癒はするのかどうかについてまとめていきます。

Sponsored Links

隠れインフルエンザとは?

隠れインフルエンザ

隠れインフルエンザとは、インフルエンザウィルスに感染していてもインフルエンザの症状が出ていない状態のこと。

 

隠れインフルエンザの場合は、

  • あまり高い熱が出ない
  • インフルエンザ特有の強い症状が出ない

ため、インフルエンザウィルスに感染しているのかわかりにくいんです。

 

通常、インフルエンザに感染すると、

  • 38度以上の熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 倦怠感

のような症状が出るのですが、隠れインフルエンザではこれらの症状があまり見られません。

 

なので、「なんとなく調子が悪いな」「体が重いな」くらいの時でもインフルエンザに感染している可能性があるんです。

 

特に、隠れインフルエンザの症状が出やすいのは、高齢者とインフルエンザウィルスに感染すると予防接種を受けている方。

 

高齢者の方は若い人と比べて体の免疫機能が低下しているため、ウィルスにかかっても高熱が出にくいそうなんです。

 

また、インフルエンザの予防接種しているとウィルスに感染したとしても症状が軽くなり、典型的な症状が出なくなります。

 

そのため、実際にはウィルスに感染していても典型的な症状が出ないため、インフルエンザとは気づかずに他の人に移してしまう可能性も。

 

体調が悪いと思ったら早めに病院にかかって検査してもらうことが、感染を拡大させないために必要です。

Sponsored Links

隠れインフルエンザは検査でも陰性になる?

 

典型的なインフルエンザの流行は、最初にA型、次にB型がきて流行が収束していくという流れです。

 

でも、2018年はA型の前にB型が流行しているんです。

 

インフルエンザB型はA型に比べて発熱などの症状が軽いため、感染していてもただの風邪かな?って思ってしまうことも多いようです。

 

また、検査は発症から12時間以内だと反応が出ないこともあるので感染していても検査の結果は陰性になってしまうこともあるんです。

 

ただ、検査で陰性だった場合でも発症時期や症状などからインフルエンザだと診断され、インフルエンザのための薬が処方されることもあるので、主治医に相談ということになります。

 

発症後、12時間を過ぎていれば95パーセントほどの精度でインフルエンザにかかっているかどうかがわかるので、はっきりとしたインフルエンザの症状が出ていなくてもウィルスに感染している場合は陽性の反応が出るとのことです。

 

隠れインフルエンザは自然治癒しない?

 

もし、隠れインフルエンザにかかっていたとしても、気づかなかった場合は自然治癒するのでしょうか?

 

結論から言うと、隠れインフルエンザもインフルエンザも自然治癒はできます。ただ、病院にかかるよりも発熱している期間が長引いたり、その後の治り方もゆっくりだという特徴があるようです。

 

インフルエンザの症状は一般的には1週間から10日ほど続きます。その間、体内では大きなエネルギーが消耗されるので体力を使うんですね。

 

自然治癒で直す場合は、体の免疫機能がずっと活発な状態が続くので体力を消耗し、回復までに長引いてしまうことが多いようです、

 

一方、病院で「抗インフルエンザウィルス薬」を処方してもらうと、インフルエンザいウィルスの増殖を防いでくれるため、インフルエンザの期間を自然治癒よりの時よりも短くしてくれたり、症状の悪化を防いでくれたりします。

 

免疫力の弱い子供の場合、意識障害などの症状が出るインフルエンザ脳症にかかる可能性がありますし、高齢者の方は肺炎などの合併症を引き起こす可能性があります。

 

インフルエンザは自然治癒できるとはいえ、もしかして?と思ったらすぐに病院で診てもらうことが大切だといえます。

 

インフルエンザが流行している時期は、不調を感じたら病院で検査してもらうのが良さそうですね。

 

隠れインフルを拡大させないためにできること

 

まず、自分が不調を感じたら病院できちんと診てもらうことが拡大させないための一つの方法です。

 

インフルエンザは次のような経路で拡大していきます。

 

  • 飛沫感染
  • 接触感染

 

くしゃみやつばがなどから感染する飛沫感染と、ドアノブやつり革など接触することで感染する接触感染です。

 

そのため、インフルエンザにかからない、かからせないためには次のような対策が必要です。

 

  • 手洗いやマスク着用する
  • 湿度を保つ

外から帰ってきたらこまめに手洗いうがいをする。外に出るときはマスクを着用するとよいでしょう。

 

また、乾燥すると粘膜の防御機能が低下してしまいます。そうなるとインフルエンザにかかりやすくなってしまうため、部屋の湿度を保つようにするとよいでしょう。

 

部屋の湿度は50度から60度くらいがよいと言われています。喉が乾く前にこまめに水分を取ることも粘膜を乾燥させないために大切です。

 

隠れインフルエンザといえども、通常のインフルエンザの対処法と変わりません。

 

自分がかからないためにも、感染を拡大させないためにも手洗いうがいをこまめに行いましょう。

 

まとめ

 

隠れインフルエンザの症状についてまとめてみました。

 

私も先日、吐き気と軽い熱でダウンしていましたんですが、同じような症状だった従兄弟から移って、家族にも移しちゃったんです。

 

今から思えば、インフルエンザB型だったのかもしれないっていう感じです。体力も消耗して辛かったのですが、インフルエンザとは疑わなかったんですよね。

 

隠れインフルエンザは知らないうちに感染を拡大させてしまうので、体調がおかしいなと思ったら早めに病院で診断してもらってくださいね。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です