紀子様の実家は今は取り壊しで団地に?家柄や父の職業も気になるが実家はお金持ちだった?

紀子様の父親

最近では、眞子様のご結婚などの話題で皇室が取り上げられることが増えています。

眞子様と小室圭さんの結婚延期が発表されましたが、紀子様と小室家の間でコミュニケーションがうまくいっていなかったと言う噂もありますね。

そこで、今回は眞子様ではなくお母さまの紀子様について調べていきますね。

Sponsored Links

紀子様の家柄や父の職業は?

紀子様と秋篠宮様は大学時代に出会い恋愛結婚をされています。

皇室って許婚やお見合いのイメージがあったので恋愛結婚って新しい感じがします。秋篠宮さまと紀子様がご結婚された時には紀子様のかわいさファッションに注目が集まりました。

大学時代の友人と写っている写真を見ても紀子様、抜群のかわいさです。おしとやかで上品でキレイだなんて。

写真の中の紀子様、輝いていますよね。秋篠宮さまのお眼鏡に叶ったのも当然かなって思いますw

名前:文仁親王妃紀子(ふみひとしんのひ きこ)
旧姓:川嶋紀子
生年月日:1966年(昭和41年)9月11日
職業:日本の皇族で身位は親王妃
学歴:お茶の水大学の博士を取得

今は皇室に嫁がれた紀子様ですが紀子様のご実家の家族構成からみていきましょう。

そんな紀子様のご実家の家族は、父親・川嶋辰彦さん母親・川嶋和代さん弟・川嶋舟さんの4人家族でした。

現在は、秋篠宮様とご結婚され眞子様佳子様悠仁様の5人家族でいらっしゃいます。

紀子様の弟さんは現在は東京農業大学農学部バイオセラピー学科動物介在療法学研究室というところで講師をつとめているようです。

うーん。名前が長いのでどんなところなのかって思っちゃいますが、川嶋舟さんは獣医師免許の資格もお餅だそうなので、動物の医療についての研究をされているってことなんでしょうね。

それにしても、紀子様のご家族は多彩で紀子様同様エリートさんな感じがしますね。

紀子様は子供の頃、父親の仕事の関係で3年間ウィーンで暮らしていたそうです。

その間に、パリオランダなどヨーロッパ各地を家族で旅行したんだとか。

子供の頃の紀子様は利発そうで賢そうな女の子です。でも、すでに品格が漂っていてクラスにいたら一目置かれそうな感じです。

ヨーロッパに住んでいたっていうだけでかなり上流階級なイメージです。今もご公務で海外の国々を回られていますが、小さい頃からその素地は出来上がっていたんだなという気がします・

紀子様の父親の職業は?

仕事でウィーンに滞在するようなお仕事だなんて父親の竜彦さんはどんなお仕事をされているんでしょうか。

紀子様の父親はなんと大学教授

紀子様の後ろに写っているのが父親の竜彦さん

見た感じお髭を生やされていてまるで仙人のようで貫禄があります。紀子様も通われていた学習院大学教授をされていた方ですね。

名前:川嶋竜彦(かわしまたつひこ)
生年月日:1940年4月20日
職業:経済学者。学習院大学名誉教授

竜彦さんは東京大学を卒業したのち、アメリカのペンシルベニア大学大学院修士課程を修了。

専門は都市化最適交通混雑税地域発展政策などだそうです。難しそうです。。

東大を出てから修士号を取るためにアメリカでも勉強されて相当研究熱心な方なんだろうとお見受けします。

日本とタイの学生交流ボランティアなどにも積極的に関わられているようです。頭がよくまさにエリートな上にボランディアで人のためにも活動されていてまさに紀子様のお父様という印象です。

そんな父親の姿を見て育った紀子様だからこそ、現在の皇室でのご公務はまさに天職なのかもしれませんね。

紀子様が小さい頃海外で暮らしたのも竜彦さんの影響。仕事の関係で紀子様が幼い頃から転勤が多かったそうです。

竜彦さんは1976年に学習院大学の助教授就任します。そのタイミングで紀子様も学習院初等科へ編入することになります。

お父さんと同じ学校に編入するっていうのはちょっと心強いものですよね!

さらにその後、竜彦さんはオーストリアウィーン郊外のラクセンブルグにある国際応用システム分析研究所(IIASA)の主任研究員に抜擢されました。

そのため、家族でウィーンに引っ越ししました。そこで紀子様も海外での経験をたくさん積んで家族とともに成長していきました。

紀子様が秋篠宮さまと結婚された時、「3LDKのプリンセス」なんて話題になりました。一般家庭から皇室に嫁ぐのは珍しいことでしたが、一般家庭といっても紀子様の家柄は上流階級っていう感じがします。

紀子様のご家族の写真を見るとお父さんやお母さんは怒鳴ったことがないんじゃない!?って思うくらい穏やかな感じ。

紀子様も生粋の完全無欠なお嬢様に見えますし、弟の舟さんも育ちのいい青年に見えますね。

Sponsored Links

紀子様の実家はお金持ち?

仲の良さそうな紀子様のご家族。父親の竜彦さんが大黒柱、母親の和代さんが専業主婦として家族を支える。

そんな姿を見てきた紀子様だからこそ3人の子供を立派に育ててみえるのかもしれません。

紀子様は秋篠宮様との結婚の際「3LDKのプリンセス」や「一般家庭から誕生した現代のシンデレラ」とマスコミに取り上げられました。

というのも、紀子様が結婚直前まで暮らしていたのは職員用共同住宅

ここから皇室入りされたため3LDKのプリンセスと呼ばれました。マスコミの人のネーミングセンス、すごいですよねw

それまで皇室に嫁ぐとなると旧華族旧皇族など格式のある家柄が望ましいとされていました。

紀子様の父親は大学教授ですし何も問題ないような気がしますが、今までと違うことをしようとすると賛否が巻き起こりますよね。

格式のある家柄が望ましいと言われていたのには実は家の財力の問題がありました。

美智子さまのお嫁入り道具は現在の価格で3億円程度と言われており、その金額を紀子様のご実家が捻出できるのかという懸念があったんです。

お嫁入り道具が3億円って。。美智子さまは一体どんなものを持って行かれたのかそれが気になりますw

なんでもトラック3台分くらいになったそうです。

そんな金額を川嶋家が用意できるのかという声が宮内庁内部では上がっていたようですね。

紀子様のご実家は父親が大学教授ですし、海外で生活されたりと一般家庭から見れば上流階級です。

でも、皇室から見たら家賃3万3000円教員住宅に住んでいる家庭のお嬢さんにすぎなかったのかもしれません。

大学教授ですので一般家庭よりは給与も高かったと思われますし、ご両親とも質素な印象なので慎ましく謙虚に暮らされていたと思います。

ですので、一般家庭と比べればお金に余裕はあったと思いますが、お金持ちとか大金持ちみたいなレベルではなかったのでは?と思いますね。

紀子様の父親は、

「精神の自由を大切にし、主体性と創造性を追い求める姿に趣きをおくように娘を誘導してきた」

とあるインタビューで答えています。紀子様の両親の発言を見るとご両親とも精神規律などを大切に紀子様や舟さんを育てられてきたとみえます。

ですので、物欲で心を満たすとか好き放題散財するようなご家庭ではないと思いました。

 

実家は今は団地になってる?

当時、紀子様のご実家にはテレビがないというのが話題になりました。

これは、お金がなかったから買えなかったではなく川嶋家の教育方針だったようです。

テレビを見る時間があるなら読書をしたり自分のために時間を使いなさいということだったようです。

なんとも素敵なご両親ですよね。

そんな紀子様のご両親ですが、現在も教員住宅で暮らされているのでしょうか。

紀子様が11年間住まわれた教員住宅取り壊されており現存していません。

実家がなくなるってちょっと寂しい気がします。

ネット上では紀子様の実家は取り壊されて団地になっていると噂されていますが、教員住宅の詳しい住所がわからないため現在どうなっているのかは残念ながら不明です。

この教員住宅は学習院職員寮と呼ばれており建物を見るといわゆる団地のような感じなんです。

このことから見るとネット上にある現在は実家が団地になっているというのは正確ではなくて、もともと実家団地だったと言えそうです。

紀子様のご両親は現在もご存命ですので、どこかで暮らされているのは間違いありません。

まとめ

今回は紀子様についてたくさん調べましたが、なかなか皇室について調べることが無かったのでとっても新鮮な気持ちになっちゃいました!

紀子様がどんな家庭でどんな風に育ったのか知ることができて、他の皇族についてもたくさん知っていきたいなと思いました。

自分の国の日本を代表する方々なので、これからも積極的に興味を持っていきたいと思いました。

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です