小島一朗(東海道新幹線事件)の顔画像と学歴や経歴は?犯行動機も気になるが勤務先や職業についても

東海道新幹線

2018年6月9日の22時頃に東海道新幹線の車内で起きた事件。

犯人はなんと22歳の小島一朗容疑者とのことです。

そこで今回は、小島一朗容疑者の顔画像や学歴と経歴について、職業や勤務先、犯行動機人ついてまとめてみました。

Sponsored Links

東海道新幹線での事件とは?

事件が起きたのは2018年6月9日の22時頃。

新横浜駅から小田原駅間を走行中の東海道新幹線のぞみ265号の中で起こりました。

小島一朗容疑者が乗客を切りつけたということで、男性1人が死亡、女性2人が重傷を負ってしまいました。

男性乗客からの110版で警察が駆けつけ、小島容疑者を現行犯逮捕。

小島容疑者は12両目の車両に乗っていたようで、突然周りをさしたと言うことです。

男性が1人亡くなってしまったということで本当にいたたまれません・・

他にも女性が2人肩や首を切られて入院しているそうです。

誰でもよかったと語っている小島容疑者。

新幹線には子供も乗っていたそうなので、相当怖い思いをしただろうなと思います・・

この現行犯逮捕された小島一朗容疑者ですが、一体どんな人物なのでしょうか。

小島一朗容疑者の顔画像は?

小島一朗容疑者がどんな顔をしているのか気になるところですが、容疑者が現行犯逮捕される様子はテレビ番組などで放送されていました。

逮捕直後の小島容疑者の表情を見ると、なんだかあっけにとられているような感じがしました・・

自分が何をやったのかちゃんと分かっていないとしたらあまりにも酷すぎます・・

Sponsored Links

学歴や経歴は?

小島一朗容疑者の学歴や経歴で現在、分かっているのはこちらです。

名前:小島一朗(こじまいちろう)
年齢:22歳(ただし自称)
住所:愛知県岡崎市

自宅は愛知県岡崎市のようですが、年齢なども今のところ、自称のようですなので本当なのかはわかりません。

報道によると岡崎市蓑川町だと言われています。

住宅街の多い地域で周りには愛知県立農業大学や愛知産業大学などの大学や自動車関連の工場がある場所のようです。

今回、小島容疑者は東京駅から新幹線の乗車し、名古屋までの切符を持っていたそうです。

自宅に帰るつもりだったのでしょうか・・

ただ、この自宅というのが祖母と叔父の住む家だったようです。

小島容疑者は去年の春ごろに実家を出て、岡崎市の叔父の家に住んでいたみたいですね・・

このツイートによると実家は愛知県の一宮市だと書かれています。

また学歴経歴については現時点では明らかになっていません。

今後、小島容疑者の素性が明らかになってきたら追記していきたいと思います。

Sponsored Links

職業や勤務先は?

小島容疑者は報道によると無職ということなので、特定の勤務先や会社に務めていたわけではなさそうです。

以前、会社を紹介されて就職したこともあるようですが、

俺が働くところではない

とすぐに辞めてしまったようです。

そう考えると別の会社に就職するということもなさそうですね。

小島一朗容疑者の祖母の話によると、

容疑者は今年1月に旅に出ると言って自宅を出た

そうです。

となると、いったい今までどこで暮らしていたんでしょうか・・

もしかしたらネットカフェで寝泊まりしながら日雇いバイトなどで生活していたのかもしれません。

過去には精神病院に入院していたことがあるようです。

自閉症の傾向があったとも言われているのでもしかしたら定職につくのが難しかったのかもしれないですね。

犯行動機は?

犯行について、小島容疑者は

むしゃくしゃしていた。誰でもよかった

と話しているようです。

誰でもよかった・・・?

そんな理由で大切な命を奪われた人たちがいるんですよ・・と怒りが湧いてきます。

自閉症だと言われている小島容疑者ですが、凶器を準備して新幹線に乗り込んでいることから計画性を持って事件を起こしたと考えられます。

仕事がうまくいかなかったり、生活がうまくいかなかったりでむしゃくしゃしていたのかもしれませんが、
そんなことが事件を起こす理由になってはいけないと思います。

新幹線では以前にもガソリンをかぶって火をつけるなどの事件が発生しています。

新幹線って密室ですし狭いので事件が起こった時に逃げられません。

それだけに乗客の方は本当に怖かったと思います。

Sponsored Links

まとめ

東海道新幹線事件の小島一朗容疑者の顔画像や学歴、経歴についてまとめてみました。

小島容疑者の経歴などは自称の部分が多いので、今後明らかになっていくと思われます。

小島容疑者には精神病院に入院していた過去や自閉症だという話がありますが、しっかりと罪を償ってほしいと思います。

Sponsored Links

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください