「夜は短し歩けよ乙女」の聖地巡礼は京都!電気ブラン片手にいかが?

「夜は短し歩けよ乙女」の聖地巡礼は京都!電気ブラン片手にいかが?

4月7日(金)に全国公開される「夜は短し歩けよ乙女」

楽しみ過ぎる〜〜♡

新刊が出たら必ずチェックするのが、村上春樹、万城目学、森見登美彦の3人。

そんな森見登美彦氏の小説が映画化される!!

しかも、主人公の先輩役を「逃げるは恥だが役に立つ」でキュンキュンさせてくれた星野源が演じるだなんて。またときめいてしまうじゃないかっ。

「夜は短し歩けよ乙女」は、めっちゃかわいいお話なんですよ。

しかも、舞台は京都。実在する場所やお店がたくさんでてくるので、映画を見たら京都に行きたくなること間違いなし!

そんな「夜は短し歩けよ乙女」の聖地巡礼スポットを紹介します♪

Sponsored Links

映画の聖地巡礼スポットは?

夜は短し歩けよ乙女は、京都の街が舞台です。

作者の森見登美彦さんが京都大学の学生だったこともあり、
京都大学を中心に先斗町、下鴨神社など実際に京都にある場所がたくさんでてきます。

映画を見たら行ってみたくなること間違いなし。

私は森見さんの「有頂天家族」っていう小説を読んで、
実際に京都に行ったときは糺の森やら先斗町で発狂するほど興奮しましたよw

先斗町
黒髪の乙女が足を踏み入れてしまった、めくるめく大人の世界。黒髪の乙女が夜の散歩をした場所です。

moon walk
小説の中では「月面歩行」という名前で登場。黒髪の乙女が訪れるお店です。お手頃価格でお酒が飲めることで人気。

なんと、余談ですがbar moon walk池袋東口もあるそうですよ!
い、いきたいっ!!

京都大学
先輩と黒髪の乙女の通う大学。黒髪の乙女みたいに錦鯉を背負って学園祭を楽しみたいです。そうなんですよ。夜は短し歩けよ乙女を読むと、京大生になりたくなります(妄想)

四条河原町
風邪が猛威を振るっている中でも、元気な黒髪の乙女が歩いたのが四条河原町。高島屋などの百貨店が並ぶ繁華街です。京都一にぎわっているんじゃないかな?と思うこの場所が閑散としたら、相当な風邪の猛威ですよね。

下鴨神社
黒髪の乙女が「ラ・タ・タ・タム」という絵本(実在する!)を探していたのが下鴨神社。下鴨神社では「下鴨の納涼古本まつり」が毎年開催され多くの人でにぎわいます。

糺の森
李白さんという不思議なおじいさんが住む三階建て電車があります。

 

百万遍交差点
「ナカメ作戦」(なるべく彼女の目にとまる作戦)が繰り広げられたのが百万遍の交差点。

吉田神社
パンツ総番長がパンツで願をかけた神社。総番長の願いは、一目惚れの女性にまた会えるまでパンツを替えないというもの(汚いっ)でも、ちゃんと願いが叶ったということは、吉田神社のご利益は相当ですね。

進々堂
紆余曲折いろいろあった先輩と黒髪の乙女の初デートの待ち合わせ場所♡このシーンを思い出すと心がほっこり幸せな気持ちになります。先輩と黒髪の乙女に幸あれ!

Sponsored Links

電気ブランはどこで飲める?

物語中では「偽電気ブラン」

お酒に詳しくない私は、え?そんなふざけた名前のお酒があるの?って思いました(笑

なので、実在しないと思っていたのですが、なんと「電気ブラン」という名前のお酒があるそうです。

じゃあ、気になるのがどこで飲めるの?っていうことですよね。

 

実は、電気ブランは珍しいお酒じゃないので普通の居酒屋で飲めるそうです。

 

とはいえ、行ってもなかったら悲しいのでおすすめのお店をいくつかご紹介します。

 

喰呑処 はれる屋

洋食から和食まである個性的なお店。落ち着いた雰囲気の中で電気ブランを味わえます!

万長酒場 三条店

ザ・酒場!という感じ。お造りや唐揚げがおいしくて、ついついお酒が進んでしまうお店です。

 

KITCHEN BAR エイト

洋食中心でお値段もリーズナブル。電気ブランのソーダ割りやジンジャーエール割りなどさまざまな飲み方で楽しめます。

ちなみに、電気ブランはネットでも購入可能!

夜、小説を読みながらちびちび飲みたい(でも、お酒飲めない…涙)

まとめ

小説の中では、黒髪の乙女が電気ブランのことをこんな風に言っています。

『偽電気ブランを初めて口にした時の感動を
いかに表すべきでしょう。
偽電気ブランは甘くも無く辛くもありません。
想像していたような、
舌の上に稲妻が走るようなものでもありません。
それはただ芳醇な香りを持った無味の飲み物と言うべき物です。
中略
まるでお腹の中が花畑になっていくようなのです。
飲んでいるうちにお腹の底から幸せになってくるのです。
…ああ、いいなあ、いいなあ。
こんな風にずうっと飲んでいたいなあ。…』

こんな風に言われちゃったら気になりますよね。

夜は短し歩けよ乙女の映画を見たら、聖地巡礼しながらぜひ電気ブランも楽しんでみてください♪