クビトバの強盗事件の内容や犯人は?事件でおった怪我の状態や再起不能だった噂は本当?

クビトバ

テニスの全豪オープン女子シングルスの決勝で大坂なおみさんと対戦するペトラ・クビトバ選手。

どんな試合が繰り広げられるのか気になるところですが、大坂なおみさんの相手となるペトラ・クビトバさんは過去に強盗事件にあい大怪我をおったという経験があります。

クビトバさんの強盗事件の内容や犯人、怪我の状態についてまとめてみました。

Sponsored Links

ペトロ・クビトバの強盗事件の内容は?

クビトバ選手が強盗事件にあったのは、2016年12月。

クビトバ選手の自宅に刃物を持った不審者が侵入しました。

犯人は、ボイラー点検技師を装い、クビトバ選手の家に入ってしまいます。

犯人は刃物を持っており、クビトバ選手は聞き手である左手に重傷を負ってしまいます。

刃物を持った不審者に立ち向かうなんて、相当怖い思いをしたと思います。

また、聞き手である左手を負傷してしまうのは悔しかったでしょう。

強盗事件の犯人は?

クビトバ選手を襲った強盗犯人は、最大で禁錮12年の可能性に直面しているようです。

当初犯人は見つからず、捜査は2017年11月8日に捜査は打ち切りになっていました。

「捜査を延長したが、きょうまでに犯人を特定することはできなかった」
「2017年11月8日に捜査を打ち切ったが、もし新事実を発見したり、犯人を特定できたりした場合は、ただちに手続きを開始する」
出典:http://www.afpbb.com/articles/-/3151045

ですが、この犯人は他にも複数の余罪があり、そのうちの一つがクビトバさん襲撃事件だったようです。

犯人は、強盗に入った家がクビトバさんの自宅だとは知らずに侵入したとのこと。

犯人は33歳の男性で、強盗の他にも恐喝などの罪に問われているようです。

Sponsored Links

事件でおった怪我の状態や再起不能だった噂は本当?

クビトバ選手が負った怪我はどの程度だったのでしょうか。

実は、クビトバ選手の怪我は、選手生命の危機に立たされるほどで、なんと医師からは指を切断しなければならないかもしれないという最悪の予想も伝えられていたそうです。

ですがクビトバ選手はあきらめず、神経を修復する手術を受けます。

手術は3時間45分もの時間を要し、神経と腱を修復しました。

手術は無事に成功。

クビトバ選手は6~8週間ギブスで固定し、その後、無事にテニスに復帰します。


2017年の全仏オープンで復帰し、同年のバーミンガム・クラシックでは優勝も飾りました。

とんでもない精神力ですね。

クビトバ選手は、自身の手についてこんな風に話しています。

I’ll never forget the attack but I’m trying to love my new hand

襲撃されたことは怖かったけど、自分の新しい手を愛したいという意味です。

トラウマになってもおかしくないくらいの出来事でしたが、新しい手を愛したいなんてそんな風に言えるクビトバ選手はステキですね。

2018年は、年間最終ランキングは7位。

今回の全豪オープンテニスでは1セットも落とすことなく決勝に進出しました。

このままの勢いで大坂選手と対戦することになるんだろうと思います。

Sponsored Links

まとめ

全豪オープンテニス決勝戦で大坂なおみ選手と対戦するクビトバ選手の強盗襲撃事件についてまとめてみました。

クビトバ選手は、選手生命の危機に瀕するほどの怪我を負いながら、再びテニス選手として大会で優勝しています。

怪我も前向きに捉え、自分の力に変えている印象のクビトバ選手。

大坂選手と見応えのある試合を見せてくれるだろうと思います。

Sponsored Links

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。