松田聖子の顔がパンパンで不自然だが整形した?若い頃と目や歯が違うのか検証

1980年代のトップアイドル・松田聖子さん。

現在も変わらぬ美貌でキレイですよね。

そんな松田聖子さんですが、実は最近顔が不自然で整形したのではないか?との噂があります。

ということで今回は、松田聖子の顔がパンパンで不自然だが整形したのか、若い頃と目や歯が違うのか検証してみました。

Sponsored Links

松田聖子の顔がパンパンで不自然だが整形した?

トップアイドルとして当時から走り続けている松田聖子さん。

現在も年齢を感じさせない美しさで歌手として活躍されていますが、顔がパンパンで不自然はないか?という声がネットでは聞かれます。

こちらは最近の松田聖子さんの顔画像です。

松田聖子

出典:Twitter

50歳代にしては綺麗なお顔をされていますし、それほどパンパンかな?と思いますが、

言われてみれば、少し顔が腫れていてパンパンに見えなくはありません。

もともとほっそりしていて、スタイルもいい聖子さんなので少しの変化で太ったように見えちゃうのかもしれません。

実は松田聖子さんは、40歳代の頃からアンチエイジングに力を入れるようになったとの噂があります。

顔のアンチエイジング法にはマッサージや顔の筋トレなどがありますね。

松田聖子さんの場合、やり過ぎで顔が腫れて見えるのではないかと言われています。


また、アンチエイジングの噂の他にも整形疑惑が出ています。

確かに、50代のという年齢を考えると、肌もピーんと張りがあって若々しいですよね。

ほうれい線とかシワも気になりません。

娘のさやかさんと並んでも親子っていうよりも姉妹みたいな感じですもんね。

50代っておばちゃんっていうイメージがありますが、松田聖子さんに限ってはおばさんなんて言葉が似合わないような気がします。

松田聖子さんは1962年3月10日生まれで、2018年12月現在56歳

四捨五入すると、60歳!還暦ですよ〜。さすがにアラカンとは思えない・・

松田聖子さんは、
中学時代は、スチュワーデスか保母さんになる夢を持っていたそうです。

しかし、高校に入学してまもなく、地元の福岡県で開催されていた“テイチク新人歌手オーディション”に応募したことがきっかけで芸能界を目指します。

このオーディションでは二次審査で落選、次に応募した“第二回ホリプロタレントスカウトキャラバン“九州大会では、書類選考である一次審査で落選しました。

その次に応募したCBSソニーと集英社が主催する“ミス・セブンティーンコンテスト”九州地区大会では、録音したテープを送り合格し、福岡市民会館で行われた九州地区大会で優勝

その時の歌声を聴いたCBSソニー制作部・若松宗雄さんが「この子は絶対に売れる」と確信し、松田聖子さんをスカウトしました。

確かに、松田聖子さんってキレイなだけでなく歌も上手なイメージが。

若松宗雄さんが社長に直訴したサンミュージックプロダクションにて面接を行い、直接歌唱を聴いた幹部社員らに注目され同プロダクションに所属。

その後、歌手デビューを目指し通っていた高校を中退して単身で上京、東京で堀越高等学校に転入しました。

デビュー後、2枚目のシングル曲『青い珊瑚礁』でTBSの歌番組『ザ・ベストテン』で初めて第1位を獲得。

この曲はその後も第22回日本レコード大賞の新人賞をはじめ、10もの大きな音楽祭の賞を獲得しました。

その年のNHK紅白歌合戦にも初出場し、2018年で22回目の出場となります。

毎年、これといって目立った活躍があるような、ないような・・って思っちゃいますが、これだけ紅白に出続けるってことは、求められているんでしょうね。

1980年代には松田聖子さんのヘアースタイルを真似する“聖子ちゃんカット”が女性の間で大流行しました。


“聖子ちゃんカット”と呼ばれる程ですから、松田聖子さんの代表的な髪型の印象。

ですが、実は松田聖子さんご自身がこの髪型をしていたのはデビュー年の1980年〜1981年の約2年間のみで、その後はバッサリ髪を切り、ショートカットとなっています。

そして今度はショートカットブームが訪れたそうです。

安室ちゃんもそうですが、やっぱりトップアイドルは女子の見本になっていきますね。

Sponsored Links

若い頃と目や歯が違うのは本当?

そんなトップアイドルだった松田聖子さんですが、若い頃と顔が変わっている、特に目と歯が違うのでは?整形疑惑が噂されています。

まずは目から比較してみます。

松田聖子

松田聖子さんのデビュー曲は裸足の季節。

この時のジャケット写真を見ると、目元は二重ですが、少し腫れぼったいような感じの二重になっていますね。

それほどくっきりとした二重っていう感じはありません。

そして、こちらは聖子さん30枚目のアルバム・金色のリボン。

 

View this post on Instagram

 

#松田聖子#80年代#80年代アイドル#80s#歌謡曲#アイドル#オリコン#ザベストテン#紅白#レコ大#japaneseidol#japanesesong#SONY#東京fm#ラジオ

雨雪あられ musicさん(@winter_rain_snow_1970)がシェアした投稿 –

目元を見ると、はっきりしたキレイな二重になっています。

金色のリボンは1984年のものですが、聖子さんの目が二重になったのは1983年頃からだと言われています。

松田聖子さんは、母親は二重まぶたのハッキリとした目なのに自分は一重なので母親の目が羨ましかったそうです。

二重にするくらいなら比較的簡単なので、もしかしたら整形したのかもしれませんね。

そして、こちらが現在の松田聖子さんの画像。

目はもう立派なパッチリ二重ですね。

当時は、朝起きたら一重から二重になっていたらしく、「寝て起きたらこうなったんです」と発言しています。

二重になった理由が、少し怪しいですね。笑

でも、この肌ツヤやハリは相当手をかけているんだろうな〜って思えていきます。

次に、歯の比較画像です。

こちらが若い頃の顔画像で、歯に注目すると少しデコボコしている印象があります。

八重歯がありますね!

若い頃の聖子さんをあまり知らない世代からすると、八重歯があってかわいい雰囲気だなって思いました。

現在ではきっちり歯が並んでいて、デコボコが目立ちません。

八重歯もなくなっていますね。

おそらく歯科矯正をされたのだと思います。

現在の旦那さんが歯科医師ですので、歯並びはバッチリでしょうね!

Sponsored Links

おでこを出す理由は?

デビュー当時は“聖子ちゃんカット”が女性の間で大流行しましたが、現在の松田聖子さんの髪型といえば、おでこを出したヘアースタイルではないでしょうか?

そういえば、前髪のある松田聖子さんってほとんど見たことがないような気がします。

最近の松田聖子さんは、後ろの髪をおろしている時もアップスタイルの時も、おでこは必ず出ていますよね。

そしてまたそのおでこにはシワがなく、とても56歳とは思えません・・。

おでこを出す理由の一つとして、松田聖子さんは1980年代前半に、「自分の身体で好きな部分は?」という質問に対し、「おでこ」と答えていたそうです。

若い頃におでこを出す髪型が出来なかった分、今存分に楽しんでいるのではないでしょうか?

また、先述したアンチエイジングの観点から見て、髪を上げて皮膚を引っ張ることで、おでこのシワを軽減するという意見もあります。

ただ、こちらは髪をおろしたダウンスタイルの時もおでこを出しているので、皮膚を引っ張る為におでこを出しているとは少し考えにくいですね。

やはり一番の理由は自身のチャームポイントであるおでこを見てほしいという思いがあるのではないかと思います。

ファンからは「前髪があったほうが断然可愛いのに」や、「前髪をおろした方が素敵な気がする」、「たまには違った髪型も見てみたい」という意見があがっています。

おでこを出していると運気が上がるとも言われていたりするので、そういう理由もあったするのかな?なんて思いました。

Sponsored Links

まとめ

今も昔と変わらず、綺麗で可愛らしい松田聖子さん。

劣化しなさすぎて、ネットでは様々な意見が飛び交っていますが、美をキープする為に努力することは女性として素晴らしいことだと思います。

これからも永遠のアイドルとして活躍してほしいですね。

Sponsored Links