松居一代の動画の撮影・編集はだれ?占い師や週刊文春や新潮の協力?

この記事は3分で読めます

松居一代、動画、撮影、編集、誰

松居一代さんの動画「松居一代、週刊文集にだまされた」を見ました!内容も衝撃的ですが、何より気になったのは、この動画って誰が撮影・編集してるの?っていうことでした。松居さんの動画を見て気になった人も多いんじゃないでしょうか?

そこで松居さんの動画は誰が撮影・編集したのかを調べてみました。

Sponsored Links

松居一代の動画って?

松居一代さんが7月4日にとったというYouTubeの動画。6日に発売される週刊文春にある記事がのるということで、編集者に真実を伝えてほしいと直談判をしようとした経緯が語られています。

しかし、それが叶わなかったということで松居さんは「週刊文春にだまされた」と何度も主張されています。

どうやら、週刊文春に掲載予定の記事というのは、夫・船越英一郎さんが離婚調停を申し立てるという内容だそうですね。

松居さんはその後、第二弾の動画も投稿して船越英一郎さんの「糖尿病」「バイアグラの常用」「不倫」について暴露しています。

Sponsored Links

動画は誰が撮影・編集?

松居さん動画は内容も気になりますが、それよりも気になったのは動画のクオリティ!!

文字も入っていますし、所々で必要な画像が挿入されているんですよね。縦横の比率を見るとスマホで撮影された動画のようです。

ネット上でも気になっている人がたくさん!

松居一代さんが1人で話している部分だけを見ると、スマホを固定して撮影しているのかな?と思えなくはないです。

ただ、文字入れや編集などを松居さんが器用にできるかというと少し疑問なんですよね。また、週刊文春の建物の前にいるときや電話をしているときの写真は誰かが撮影する必要があるので協力者がいるということですね。

一番可能性が高いのは、松居一代さんのマネージャーですよね。誰なのかなと思って調べてみましたが、なんと松居さんにはマネージャーがついていないんです!

というのも、松居さんは個人事務所を抱えていてご自身でマネージャーも兼任されているそうなんです。仕事の契約なども自分で作った契約書しか判を押さないという松居さんなので管理も相当しっかりされてそうです。

そうなると誰が撮影・編集したのかがナゾですよね。もしかしたら、もう既に弁護士を立てていて弁護士の協力のもと撮影を行ったのかもしれませんね。

 

占い師や週刊文春や新潮の協力も?

誰が撮影、編集したのかが不明な松居さんの動画ですが、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っていますね。

「文春スキャンダルを抜いた新潮メンバー」っていうのはあったらおもしろいって管理人も思ってしまいました。でも、あくまでもネットユーザーの予想なので実際はわかりませんよね。

他にも、船越英一郎だったらおもしろいっていうコメントなんかもありますねwありえないですけど笑えました。

また、スピリチュアルに傾倒していた松居さんなので懇意にしている占い師っていうのはありえるかなって思います。そういう方のアドバイスを熱心に聞いていそうなイメージがあるので、もしかしたらネットに強い占い師を従えているのかもしれませんよね。

まとめ

松居一代さんの動画は誰が撮影・編集しているのかについて調べてみました。占い師や週刊文春、新潮の協力だったらおもしろいっていう声がネット上にはたくさんありましたね。

実際に誰が協力したのかは不明ですが、撮影に協力している時点で松居さんの味方であるととれます。もしかしたら、この撮影・編集者の方が松居さんを焚き付けている可能性もありますね。

おそらく動画については第三弾もあるのではと思われますので、引き続きの展開から目が離せませんね。

Sponsored Links

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 陣内智則、日テレ、出禁、ナカイの窓
  2. ットボールアワー、岩尾、元彼女、結婚
  3. 江原(はん)ほのり、逮捕されないの、覚せい剤
  4. マツコ会議、高橋隼平、オタフィット
  5. 松中みなみ、結婚相手、万馬券、競馬予想
  6. 谷まりあ、ローラ、喋り方、嫌い
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者:mikumari

mikumari39.net、chiko

はじめまして。管理人のmikumariです。

「happy 365days for 30's woman」をご覧くださりありがとうございます。 仕事や家庭に忙しい30代の女性がhappyになるサイトを運営しています。

気になること、知りたいことなどを更新していきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る