宮里藍の父親の顔と耳の皮膚は病気?父・宮里優さんの職業は?

宮里藍、父親、顔や耳の皮膚、病気

宮里藍ちゃんの引退会見で父親の宮里優さんもお話しされていました。
藍ちゃんの引退の決断を優しく受け止めている姿が印象的でした。

優さんの会見を見ていて気になったのが、顔や耳の皮膚。
昔の映像を見ても顔や耳の肌が白くなっていてどうされたのかな?病気なのかな?って心配になりました。

そんな宮里藍ちゃんの父親・優さんの顔や耳の皮膚の病気について調べてみました。

Sponsored Links

宮里藍の父・優さんの皮膚は病気?

藍ちゃんの父・優さんの顔や耳の皮膚は斑点のように白くなっています。これは、尋常性白班という皮膚疾患のひとつ。

何らかの理由でメラニン色素を生み出す細胞が消失してしまいその部分の肌が白くなってしまうものです。

尋常性白班の原因は不明ですが、神経の異常や皮膚活性酸素の除去機能の低下などと言われています。その他にも自己免疫疾患やストレスなどさまざまな要因が関わって引き起こされるのだそう。

宮里優さん以外にも、森光子さんやマイケルジャクソンなども尋常性白班に羅漢していたと言われています。

Sponsored Links

宮里優さんの職業は?

藍ちゃんの父・優さんはもともとは公務員でした。ところが、優さんは1991年に町長選挙が行われた際、地元の若者に担ぎだされて町長選に出馬。

町長選に出馬するということはその前に公務員を退職していますね。結果は僅差で当選を逃します。小さな村なので落ちた側はほぼ村八分状態になり、無職で再就職も難しかったそうです。

2年間、仕事が見つからずその間は母親の公務員の給料で生活。その後、ゴルフ場のレッスンプロとして就職がきまりました。

優さんがレッスンプロになるまえから宮里家では藍ちゃんやお兄さんたちはゴルフを楽しんでいたようですが、優さんがレッスンプロになったことでさらにゴルフにのめり込むようになったんです。

小さな村で村八分にされて優さんはきっととてもツラい思いをされたと思いますが、耐えたことで3人の素晴らしいゴルファーを育てたんだと思います。

そんな姿を子供たちもきっと尊敬していますよね。

まとめ

宮里藍の父親の顔の皮膚や耳の病気について、父・宮里優さんの職業について紹介しました。

宮里藍ちゃんの活躍の裏には優さんの支えがあったからこそですよね。

優さんの忍耐力を見ている藍ちゃんなのでプロを引退後もきっと自分らしく輝いてくれると思っています。

Sponsored Links