森保一監督の経歴や現役時代は?息子や嫁も気になるが娘が森保まどかの噂は本当?

森保一

サッカー日本代表監督の次期候補が誰になるのか注目が集まっていますね。

最有力と言われていたクリンスマン監督とは決別したようなので、監督が誰になるのか気になるところ。

そこで今回は、サッカー日本代表の次期監督候補に上がっている森保一監督の経歴や現役時代について、息子や嫁、娘など家族についてまとめてみました。

Sponsored Links

森保一の経歴や現役時代は?

森保一

出典:https://tarot-channeling.com/archives/14363

名前:森保一(もりやすはじめ)
生年月日:1968年8月23日
出身:長崎県長崎市
身長:174cm
体重:68kg

森保一さんがサッカーを本格的に始めたのは小学5年生の頃。

6年生の時には土井首SSSで、全日本少年サッカー大会にGKとして出場しています。

森保一さんの生まれ静岡県掛川市。

サッカーの本場のど真ん中で誕生しているので、順調にサッカー人生を送ってきたのかなと思いきや、小さい頃は日本各地を転居していたんです。

というのも、森保一さんの父親は造船関係の仕事をしていて、名古屋市、横須賀市、唐津市と転居し、唐津市鏡山小学校に入学しますがそこからすぐに転校。

小学校1年生の時には長崎県長崎市に引っ越します。

かなり短期間で各地を転居していたようなので、友達ができてもすぐに離れちゃう生活だったのかなと思います。

ただ、小学1年生で長崎市に引っ越してからは定住することになったので、そこからは地元と呼べる場所ができたんじゃないかなと思います。

【学歴】
中学校:長崎市立深堀中学校
高校:長崎日本大学高等学校

本格的にサッカーを始めた森保一さんは、高校はサッカーの強豪校、国見高校へ進学しようと考えたそうですが結局は長崎日本大学高等学校へ進学します。

理由は、森さんの父親が息子の受験への不真面目な姿勢に反対して、しっかり勉強させたかったからのようです。

たしかに、サッカーで活躍していたらそれほど勉強しなくても推薦で高校に行けちゃったりしますもんね。

息子の不真面目な態度を戒めたお父さんってかっこいいなって思います。

高校時代、森さんは山梨国体の選手に攻撃的なMFとして選ばれましたが、高校としては全国大会には出場できませんでした。

そのころの長崎県は国見高校と島原商業が全盛期だったため、長崎日大は勝ち進むことができなかったみたいです。

高校卒業後、当時の高校の監督とマツダの今西和男監督が知り合いだったため、森保一さんは1987年にマツダに入団します。

なんと、、入団当初、森保一さんのクラブの評価は最下位・・だったんだそう。

マツダ本社勤務は高卒枠5人だったため、そこには入れずマツダ運輸で勤務しながらクラブでプレーしていました。

その後、1991年にマツダとプロ契約を結び、1992年には日本代表に初招集されます。

初招集された当時、森保一さんはほとんど無名の選手で、他の選手からは名前が読めなかったんだとか。

たしかに・・私も最初は「もりほいち」さんだと思っていました・・

チームメンバーが「もりやす」って読めないところから、1992年5月にはアルゼンチン戦に選抜メンバーとして初出場。

この試合で、

日本にはいいボランチがいる

と高く評価されたことで、森保一さんの名前が一躍有名になりました。

出典:https://www.so-net.ne.jp/golden/tdatt_weekly/soccer/article/2018/201805/20180516.html

その後、1993年のW杯アメリカ大会アジア予選にも出場。

そして、サッカー史上に残るドーハの悲劇を経験しました・・

ドーハの悲劇は日本中がため息をつきましたよね。本当に悔しかったです。

1993年にJリーグが開幕するとサンフレッチェ広島の選手としてチームに貢献、1994年にはステージ優勝に貢献しました。

その後、右足首関節脱臼骨折で満足にプレーできないこともあり、その後も日本代表には選出されたものの1996年2月を最後に代表から遠ざかることになります。

1997年にはサンフレッチェ広島の経営状況が悪化。主力を放出することになったタイミングで、森保一さんは京都パープルサンガにレンタル移籍されました。

当初は完全移籍の予定だったのですが、なんとファンが移籍反対署名を集めたんだとか。

それだけ、森保一さんはサンフレッチェの顔としてファンから信頼されていたんですね。

1999年にはサンフレッチェに復帰するも、怪我や監督からの評価の低さから出場機会は減り、2004年1月に現役を引退することとなりました。

現役時代の森保一さんの相性はポイチ

守備的ミッドフィルダーとして、中盤で守備をしながら相手ボールの攻撃の芽をつむことに長けていました。

今ではサッカーのボランチという言葉が定着していますが、この言葉を定着させるきっかけとなったのが森保一さんだったようですね。

現役時代は

・ハンスオフトの申し子
・ビハインドザボールの申し子

と言われておりボランチとしてかなり高い評価を得ていた選手でした。

サンフレッチェ時代に出会った今西和男監督は森保一さんのことを

今まで出会ってきた中で特にリーダーシップを持っている人物の一人

と評しています。

もし森保一さんが監督に就任したら、リーダーシップを発揮して良いチームを作り上げてくれそうですよね。

2017年にはU-23代表監督に就任。2020年のオリンピックに向けて代表監督を務めています。

Sponsored Links

息子や嫁は?

そんな監督候補の森保一さんですの家族構成ですが、

嫁と
息子さんが3人

いらっしゃるそうです。

なんと森保一さんの長男・森保翔平さんもサッカー選手。

森保一さんがサンフレッチェ広島の前身・マツダSCでプレーしているときに誕生したそうです。

生まれた時からサッカー選手としての環境が揃っていたって感じがしますね。

森保翔平(もりやすしょうへい)
生年月日:1991年8月17日
出身地:広島けん
出身大学:法政大学

幼い頃からサンフレッチェ広島スクールに入り、広島ジュニアに入団。

森保一さんのベガルタ仙台移籍に伴い、仙台に移住しそこでも虹の丘サッカー少年団でプレーしました。

2004年には広島ジュニアユースに入団し、2007年には広島ユースに昇格。

順調にサッカー選手としてのキャリアを積み上げていっていますね。

そして、2010年には法政大学に進学し、4年生の時にはキャプテンを務めました。卒業後、カマタマーレ讃岐でJリーガーとしてデビューしました。

カマタマーレ讃岐とは2015年に契約満了しています。

現在の翔平さんの様子は詳しくはわかりませんが、ツイッターにはサンフレッチェの試合で盛り上がったとのツイートもあるので、今もサッカーに関わっているのかなって思っています。

また、森保一さんの次男・森保圭悟さんは現在、オーストラリアのエッジワースFCでプレイしており、

三男・森保陸はサンフレッチェ広島の育成組織に所属しています。

今後、森保一さんの息子さんたちの活躍が日本で見られる日が来るかもしれませんね!

ちなみに、森保一さんの弟は森保洋さん。

洋さんも元プロサッカー選手で、現在はVファーレン長崎アカデミーディレクター兼U-18監督を務めています。

一家揃ってサッカー選手ってかっこいいですよね。

森保一さんの奥さんは由美子さんですが、由美子さんは一般人のため顔画像などの情報はありません。

森保一さんと由美子さんは1990年に結婚されており、マツダ時代に長男が誕生しています。

森さんが22歳の時に翔平さんが誕生していることになるので早いですよね。

森保一さんは現在48歳(2018年7月)なので由美子さんも同じくらいなのかなと思います。

Sponsored Links

娘は森保まどかってマジ!?

そんな森保一さんの娘はHKT48の森保まどかなのかっていう噂がネット上ではあるようなのですが、、

これはデマのようです!

先ほども出たように森保一さんの子供は息子が3人なので、娘はいないんです。

博多、森保っていうところで森保一さんとリンクしちゃったのかなって思いました。

でも、これは完全にガセネタだったようです。

もし森保まどかさんが本当に森保一さんの娘だったら、もうすでにかなり話題になってそうですもんね。

まとめ

森保一監督の経歴や現役時代についてまとめてみました。

3人の息子さんはみんなサッカー選手になっていて、父親である森保一さんの背中をしっかり見て育ったんだろうなって思いました。

嫁の由美子さんに関しては顔画像などの情報はほとんどありませんでしたが、3人の息子さんが立派に育っているのを見るといいお母さんなんだろうなって伝わってきます。

ロシアW杯で活躍した日本代表なので、次のW杯でも活躍できるよう、もし森保一さんが監督となったら頑張ってほしいなって思います!