根尾昂(大阪桐蔭)中学時代はスキー選手で優勝も?兄は岐阜大学の医学部で両親も医者?

根尾昴

今年もいよいよセンバツ高校野球の季節がきました!

高校球児たちって3年間にかけてる思いが伝わってくるようで、毎試合ジーンとくるものがあります。

毎日応援していたソチオリンピックが終わってしまったので、ちょっと寂しいなって思っていたのですが次は高校球児の応援です。

毎年、ヒーローが誕生する高校野球ですが今年の優勝候補の一つが大阪桐蔭高校

その大阪桐蔭の中でも二刀流として特に注目されているのが投手の根尾昂くん。ドラフトでも注目されている選手ですね

そこで今回は根尾昂くんの驚異の身体能力や兄が医者の噂について調査しました!

Sponsored Links

根尾昂プロフィール

根尾昂

出典:http://number.bunshun.jp/articles/-/827782

177cm76kg
右左
MAX148km
内外野手兼投手
遠投110m 50m6秒1

最速148㌔を誇る本格派右腕。運動能力が高く野手としても魅力。左打席から広角に長打を放つ。

根尾昂くんは大阪桐蔭高校で投手内野手外野手として活躍している野球選手。

投手で内野手で外野手!?ってびっくりしちゃいますが、大谷選手を超える三刀流として注目されています。

出身中学校は岐阜県飛騨市の古川中学校。飛騨市といえば、映画「君の名は」で有名になった街ですね。

君の名はの中で瀧くんが三葉を探すために飛騨市に訪れるのですが、降り立つのが飛騨古川駅。

地図で見ると古川中学は飛騨古川駅の近くなので「君の名は」で見たいような情景が広がっているんだろうなって思います。

今は大阪桐蔭で頑張っている根尾昂くんですが、元々の出身は岐阜県の飛騨市という自然あふれる街だと思うと素朴な感じなのかなって思っちゃいます。

大阪桐蔭に入った当初は、根尾昂くんの方言がきつくてチームメイトは何を話しているのかわからなかったそう。さすが全国から選手が集まる大阪桐蔭ですね。

今では、大阪弁に染まって家族からはコテコテ!と言われているんだとか。

Sponsored Links

中学時代はスキー選手で身体能力がスゴイ!

そんな自然あふれる飛騨市で育った根尾昂くんは運動神経バツグン!

中学時代はスキー選手としても活躍していて、中学2年生の時には男子のスキー回転競技でなんと優勝しています!

根尾昂くんは小学生の頃からスキージュニアにも所属して活躍していたようですね。コメントが中学生だとは思えないくらいかっこいいのですが、優勝してもなお「失敗箇所を無くしたい」なんてかっこよすぎです。

毎日がレースだと思って練習したということなのでかなりストイックで目標に対して努力できる選手なんだなと思います。

こんなスピードで華麗にターンを決めまくっちゃうなんて体感も強そうです。

大阪桐蔭での活躍のベースがスキー選手時代にあるような気がしますね。

他にも小学6年生の頃にソフトボール投げで89メートルという記録を残したそうです。

ソフトボールって野球ボールよりも大きくて投げにくいような気がしますが、89メートルってすごすぎ。

野球のボールだと一体どれくらい飛んじゃうんでしょうか。現在の最速は148メートルだそうなので、根尾昂くんのもともとの肩の強さや身体能力がめっちゃ高いんでしょうね!

他にも根尾昂くんの股関節が柔らかい!あれだけの豪速球を投げる人って筋肉ムキムキって感じがしましたが、根尾昂くんの筋肉は柔らかいんですね。

体が柔らかいと怪我もしにくいと言われているので、根尾昂くんも怪我なく長く活躍していきそうな気がします。

考え方もストイックだし自分を磨くことを怠らない根尾昂くんなのでセンバツでの活躍やそのさきのプロ野球でも楽しみだなと思います。

Sponsored Links

兄は医学部で医者?家族構成も

自然豊かな飛騨市で生まれ育った根尾昂くんの家族構成や兄弟はどうなんでしょうか?

根尾昂くんの家族は、の5人家族。根尾昂くんは3人兄弟の末っ子です。

両親はどんな仕事をされているのかなっていうのが気になるのですが、なんとなんとご両親ともお医者さんなんだそう。

そして、兄弟2人とも医療関係。両親の背中を見て育ったんだなって感じがします。

根尾昂くんの父親・根尾浩さんは白川郷で有名な岐阜県大野郡白川村の出身で、自治医科大学を卒業したのち医師として兵庫県や県立岐阜病院で勤務。

その後、1997年に飛騨市の診療所に赴任しました。

根尾昴の父親の根尾浩

出典:岐阜新聞Web

根尾くんとそっくりw

自治医科大学を卒業して医師になる人は、授業料が免除される代わりに公立病院で9年間勤務するか、へき地で4年半勤務することが条件です。

条件の期間がクリアできれば移動することができるのですが、浩さんは飛騨市が気に入ってそこにそこに居つくことにしたんだとか。

もともと白川村出身の浩さんなのでへき地勤務はかえって落ち着いたのかもしれませんね。

母親・喜子さんも自治医科大学を卒業した医師で、浩さんとは同級生。大学で出会ったそうです。

実喜子は兵庫県出身で結婚後は兵庫県たつの市で暮らしていましたが、浩さんの転勤に伴って実喜子さんも飛騨市の診療所に移ったそうです。

根尾くんの姉・春陽さんは2018年で23裁。富山県医学部看護学科を卒業後、現在は看護師として働いています。

看護師になるには看護学校っていう選択肢もあると思うのですが、医学部の看護学科に進学されたんですね。

春陽さんは子供の頃から陸上スキーをしていたそうです。大学時代にマラソン大会の10キロの部に出場しているので大学時代も陸上をやられていたみたいです。

根尾くんもスキーで活躍していたのでもしかしたらお姉さんの影響を受けたのかもしれませんね。

最後は根尾昂くんの兄・尾根学さん。根尾くんよりも3裁年上のお兄さんは現在大学生です。

大学は岐阜大学で学部はなんと医学部!学さんも医師の道を志したんですね。

大学ではバスケットボール部に所属しているようで、HPに写真も掲載されていました。

根尾くんと似ていて優しそうな柔らかい雰囲気。

兄・学さんも子供の頃は野球部投手として活躍していたそうです。斐太高校に進学した際になぜかバスケットボール部に入学。

ずっと一緒にバッテリーを組んでいた布施さんはあれ?!とびっくりしたそうですが、1年生の3学期に入って学さんは野球部に入部。

やっぱり野球の楽しさを体が覚えていたのかもしれませんね。そして、学さんが3年生の頃、斐太高校は初の岐阜県大会決勝へ

残念ながら決勝では負けてしまいましたが、投手・根尾学の注目度は高くて優勝した岐阜城北高校よりも話題になっていました。

弟の根尾くんといい、兄の学さんといいモッテルなー!!っていう感じがします。

スポーツ万能で頭もいいなんてうらやましすぎる兄弟です。家族が揃ったらスポーツの話題で盛り上がったりするのかもしれませんね。

Sponsored Links

まとめ

根尾昂くんは中学時代は野球をやりながらもスキーの大会で優勝するほどの腕前。股関節も柔らかいし身体能力がめっちゃ高いです。

ご両親ともお医者さんで地域医療のために活躍されています。また、お姉さんは看護師さんでお兄さんの学さんも医師を目指して医学部に進まれています。

学さんは高校時代に甲子園を一歩手前まで進むほどの投手で有名でした。

家族揃ってスポーツ万能。根尾昂くんもスポーツだけでなく勉強もできるんだろうなって思いますね。

Sponsored Links

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください