趣里の大学や出身高校は?演技力がすごいのは子どもの頃からのアレと両親の影響!

趣里

ドラマ「ブラックペアン」「リバース」などに出演し、脇役ながらも抜群の存在感を発揮している女優の趣里さん。

とても演技力が高く、様々なキャラクターを演じ分けることのできる実力派女優さんです。

そんな趣里さんの演技力は一体どこから生まれたものなのでしょうか?

また、趣里さんの経歴や幼少時代についても迫っていきたいと思います。どうぞ最後までご覧下さいね!

Sponsored Links

趣里の大学や出身高校は?

まずは趣里さんの経歴についてですが、趣里さんは高校入学のタイミングで海外に留学をしています。

幼い頃からバレエ一色だった趣里さんは、バレエの本場であるイギリスのオーディションに合格し、バレエ留学をしていたんだそうです。

しかし、そこでアキレス腱断裂や足首の剥離骨折などの大怪我をしてしまい、バレエを続けていくことが難しくなってしまいました。

ずっとバレリーナを目指していた趣里さんでしたが、夢を諦め帰国することになったようです。

その後、高校卒業程度認定試験合格し、高校卒業の資格を得て大学に進学しました。

趣里さんの出身大学については明らかにされておらず、明治大学日本大学という説があります。

ただ、どちらも明確な根拠が無いのではっきりとは分かりません。

大学在学中にアクターズスクールに通っていた趣里さんは、そこで演技の面白さに目覚め、女優を目指すようになりました。

大学4年生の時に大学を中退して女優さんになったようです。

よって、趣里さんの最終学歴は高校で、出身高校は無く高校卒業の資格を持っているということが分かりました!

子供の頃の習い事は?

趣里さんは、4歳の頃からずっとバレエ一色の日々を過ごして来られました。

井上バレエ団というところでクラッシックバレエを習っていたそうなんですが、この井上バレエ団は東京世田谷区に本拠地を置いています。

高級住宅街に本拠地がありバレエを習うのには相当なお金がかかるでしょうから、趣里さんもお金持ちのお嬢様だったことがわかりますね。

趣里さんが初舞台に立ったのは6歳の時でした。

その後、小学校5年生の時にはずっと憧れだった「くるみ割り人形」の主役を演じたんだそう。

趣里さんはそれがきっかけで本格的にバレリーナを目指すようになったようです!

一度憧れの舞台で主役を演じると、その時の快感が忘れられないものなのでしょうね。

だから趣里さんが怪我のせいでバレリーナを諦めなくてはならなくなったのはとても残念だったと思います。

しかし、今は女優さんとして舞台やテレビなどで表舞台に立ち、主役や作品の重要な役どころを演じられているのでバレエの時の経験が生きているでしょうね!

両親は誰?

趣里さんの本名水谷趣里なんだそうです。

そこで、ピンときた方もおられるかもしれませんが、趣里さんのお父様はあのドラマ「相棒」でお馴染みの水谷豊さんなんです!

また、趣里さんのお母様も有名人で元キャンディーズの伊藤蘭さんです。


そんな有名なお二人の一人娘として生まれた趣里さんは、やはりお金持ちのお嬢さんでしたね!

噂によると、水谷豊さんは趣里さんに対してかなりの過保護だそうです。

たった一人の娘が可愛くて仕方ないのでしょう。

幼い頃からバレエを習わせイギリスに留学までさせていたぐらいですから、たっぷり愛情を注がれて育ったことが分かります。

結局、趣里さんはご両親と同じ役者の道を選んでいます。両親の背中をしっかりみて育った感じがしますよね。

今ではご家族3人とも映画やドラマ、舞台などたくさんの作品に出演し大活躍されています。

趣里さんが、水谷豊さんと伊藤蘭さんの娘さんであると知り、「親の七光り」とか「コネで仕事をしている」といった悪評を流す人が少なからずいます。

しかし、趣里さんは芸能活動を始めた頃、親の名前を出さずに活動していました。

事務所の意向もあったかもしれませんが、自分の実力で勝負したいという気持ちの現れではないかと思います。

趣里さんご自身も演技の勉強をするために学校に通って努力してきていますからね。

演技力の高さが評価された趣里さんは、不倫する役やクールな役、お嬢様役などあらゆる役を演じ分け、たくさんの作品に出演されています。

親が有名な役者だからといってそれに甘んじず、努力してここまでのし上がってきた趣里さんに大変好感が持てますね!

猫っぽいお顔立ちで、可愛らしくもあり、小悪魔っぽさも持ち合わせたキャラクターの趣里さんは、他に類を見ない個性的な女優さんです。

これからの活躍も楽しみですね!

まとめ

女優趣里さんについて調べたことをまとめました。

幼い頃からバレエの練習に励み、イギリス留学をしていた趣里さんは、アキレス腱や足首の怪我のため、バレリーナの夢を諦めました。

しかし、挫折したまま終わらず、大学やアクタースクールに通い女優の道を目指し、今では大活躍されています。

一度挫折を味わったからこそ、強い心で芸能界で頑張っておられることと思います。

2世女優の趣里さんですが、親の七光りとは程遠く親の存在を一切忘れてしまうほどご本人の存在感があり努力家でもありますね!これからも趣里さんを応援していきたいと思います。

Sponsored Links