SLOWRUNの大学や出身高校!ネタの英語がすごい理由は両親?

slowrun、大学、高校、英語、両親

5月17日の有田ジェネレーションにSLOWRUNが出演します!

第二のブルゾンちえみがテーマの今回は、女芸人たちがオーディションにやってきます。
SLOWRUNもぜひがつん!とおもしろいネタを見せてほしいと思っています!

そんなSLOWRUNですが大学や英語がすごいんです。
今回は若手コンビSLOWRUNについて紹介していきますね。

Sponsored Links

SLOWRUNプロフィール

slowrun、土本 真悠子、原 朋世、プロフィール

左:土本 真悠子(つちもと まゆこ)
生年月日:1993年2月28日
血液型:O型
身長:152cm
出身地:岐阜県
特技:イタリア語、洗顔の泡立て、街で人に道を聞かれること

右:原 朋世(はら ともよ)
生年月日:1992年5月14日
血液型:B型
身長:169cm
出身地:岐阜県
特技:英会話、アニメ声

岐阜県出身で中学校の同級生コンビ。
高校の頃からコンビを組み、高校2年生と3年生の2回「ハイスクールマンザイ」に出場しました。

slowrun、土本 真悠子、原 朋世

お互い違う大学に進学してもコンビとして活動し大学卒業後に芸人としてデビューしました。

英語をつかったネタや西洋人の動きがおもしろい2人なんですよね。

管理人も岐阜県出身なのでSLOWRUNにはこれからどんどん売れていってほしいなと思っています。

今回の有田ジェネレーションは第二のブルゾンちえみがテーマなので、ぜひとも狙っていってほしいです!

大学や出身高校はどこ?

2人は中学の同級生。岐阜市内の中学校ということなので調べてみました。

岐阜市内には22校の中学校がありますが、どの中学なのかわかりませんでした。
こちらは、わかり次第追記していきますね。

土本さんは高校は各務原高校に進学しました。

各務原高校の偏差値は52ですね。

原さんはどこの高校に行ったのかわからないのですが、大学は東京学芸に行っていることから進学校へ進んだんじゃないかなと思います。

岐阜市近辺の高校だと県下1頭のよい岐阜高校があります。ここは偏差値74以上ですね。もしくは、大垣北高校、加納高校、岐阜北高校あたりなのかなと思います。

高校卒業後、土本さんは帝京大学、原さんは東京学芸大学に進学します。2人ともべつべつの大学に入学しましたが、お互いの学校のお笑いサークルに2人で入って活動していたそうです!

東京に出て行っても2人で活動するなんて仲がいいですね。

東京学芸大学の偏差値は学部によって異なりますが、51〜63ですね。

土本さんは大学を中退して埼玉福祉専門学校に入り直します。将来のことを考えての選択だったそうですが、結局はお笑いの道を選び、家族の反対を押し切ってデビューしました。

Sponsored Links

ネタの英語がすごいのは両親の影響?

土本さんは大学3年生の頃にニューヨークに9ヶ月間留学していました。土本さんも学生時代に1ヶ月間、イタリアのローマでホームステイを経験。
海外経験を生かして西洋人のようなオーバーリアクションや英語、変顔を取り入れた漫才やコントをやっています。

国際派のコンビですね!

原さんの英語の発音ってめっちゃキレイで上手。
原さんの英語が上手なのはニューヨークに留学していたこともありますが、調べてみると両親の影響も大きいようです。

原さんの両親は教員で、原さん自身にも安定した職に就くことを求めていました。そのため、原さんも小中高の英語教師の免許を取得したそうです。英語の先生ができるんですね!しかも、両親が先生って原さん自身も小さい頃から勉強してきた人なんだろうなって思います。

まとめ

有田ジェネレーションに出演するSLOWRUNについて紹介しました。

大学を卒業したばかりの若い2人ですがこれからどんどん活躍するのを楽しみにしています!

英語やイタリア語ができたりと多才な2人なので、SLOWRUNらしいネタで勝負してほしいものです。

英語が出来るとネタの幅も広がりますよね。いつか海外でもコントを披露できるかもしれませんね。

Sponsored Links

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください