武田真治の顔が変わりすぎだが整形した?若い頃と鼻も変わったのか比較!

武田真治

俳優やサックスプレイヤーとして活動している武田真治さん。

マッチョな体が有名でバラエティ出演時も度々その肉体美を披露されています。

そんな武田真治さんが、若い頃と比べると顔が変わったという噂がありますね。

確かに昔と比べると目や鼻など顔の印象が違う様子。

武田真治さんは、整形をされたのでしょうか?

ということで、現在と昔の顔画像を比較してみました!

この人も最近顔が変わって話題に。

Sponsored Links

武田真治の顔が変わりすぎだが整形した?

最近、再びテレビで見かけることが増えた武田真治さん。

そんな武田真治さんですが、ネットでは顔が変わりすぎていて整形したのではないかと噂されています。

端正な顔立ちで、さわやかイケメンな印象のある武田真治さん。

間違いなくイケメンではあるのですが、テレビで彼を見た視聴者の中にはサイボーグ的な違和感を感じる人も多くいるそうです。

現在の武田真治さんのお顔はこちら。

 

View this post on Instagram

 

#SHUHARI #BlackJaxx #DjDragon #丸田萌 さん#雪下まゆ さんありがとうございました☆ #ShinjiTakeda #武田真治

武田真治 Shinji Takeda officialさん(@shinji.takeda)がシェアした投稿 –

うーん。確かに、鼻筋が以前と比べると人工的な感じがしますねー。

武田真治さんを見てなんとなく思い出してしまうのは、マイケル・ジャクソンや元巨人、桑田投手の息子さんのmattさんでしょうか。

頬のあたりや顎のラインは、痩せてシュッとしたのかな?と思いますが、鼻が気になります。笑

鼻って痩せても形が変わるものじゃないですもんねー。

ファンからも、昔と比べて顔が変になったと嘆く声があがっています。

昔と比べてあまりにも顔の印象が違うということで、整形したのか?という声も聞かれますね。

整形疑惑に関しては次の見出しで検証していきたいと思います!

最近の武田真治さんしか知らないという方に、簡単に経歴を紹介していきますね。

武田真治さんは1972年12月18日生まれで、2018年12月現在46歳

北海道の札幌市出身で、北海道札幌北陵高等学校から都立高校へと転校し卒業しました。

武田真治さんは1989年、高校2年生の頃、“第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト”でグランプリを受賞。

いしだ壱成さんと共に『フェミ男』と呼ばれ、アイドル的存在となりました。


90年代のイケメンといえば、武田真治さんでした。私は、いしだ壱成さんよりも武田真治派でしたねー。

1990年にドラマ『なかよし』(TBS)で俳優デビュー。2年後の1992年には映画『七人のおたく』で映画デビューしました。

武田さんってイケメン俳優のイメージでしたが、なんとめちゃイケにもレギュラーで出演していて、かなり独特の空気を醸し出していました。

武田さんが加藤浩次さんたちからつっこまれる姿はたまにハラハラしましたが、ここまで頑張るんだっておもしろかったです。

その後も数々のドラマや映画、舞台などに出演し俳優活動を行なっていましたが、1995年4月にシングル『Blow up』でミュージシャンデビュー。

現在は俳優業と同時にサックスプレイヤーとしても活動しています。

俳優にサックスに、バラエティでも面白いって、多才すぎる。

武田さんがサックスを始めたきっかけは、チェッカーズの藤井尚之さん。

武田真治さんのお姉さんはチェッカーズのファンだったそうで、一緒に音楽番組を見ていたとき、サックスを吹く藤井尚之さんの姿に強く惹かれ憧れを抱いたんだそうです。

それ以来、中学時代から熱心に練習を重ね、将来サックスプレイヤーになることを夢見ていたんです。

ちゃんと自分の夢を叶えるなんて努力家ですごいですよね。

武田さんの筋肉モリモリの肉体も毎日トレーニングをしないといけないでしょうし、頑張り屋な方なんですね。

高校時代に受賞した『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』に応募したのも、俳優やタレントを目指していた訳ではなく、サックスプレイヤーとしてのデビューの足がかりになると思ったからだそう。

最初は俳優業をメインに活動されていましたが、かねてからの夢だった音楽活動をデビュー5年目で行うことができて、有言実行してますね。

Sponsored Links

若い頃と鼻が変わったのか比較!

それでは、武田真治さんの顔や鼻の形がどう変わったのか、昔と今の顔写真を比較してみます。

まずは、武田真治さんの昔の画像から。

これは、若い。

若い頃の武田さんは、本当に美少年っていう感じのキレイ系男子でした。

美意識がたかそうな女子力も高そうなそんなイメージでしたねー。

そしてこちらが現在の武田真治さんの顔写真です。

30年程経っているとはいえ、かなり印象が変わりましたね。


こちらは武田真治さんが主演を務めた、ドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日)での画像です。

当時22歳で、「武田真治さんといえばこの顔!」という人も多いのではないでしょうか。

南くんの恋人、よかったですよねー。

小さくなった高橋由美子さんを武田さんがポケットに入れちゃうところとかかわいかったです。

ジュノンボーイ時代の顔が垢抜けて、さらにイケメンになったような印象です。

現在の顔写真と比べると鼻が変わったという声が多いようです。

ネット上では、鼻と頬にヒアルロン酸を入れた整形手術を行なったのではないかと言われています。

鼻にヒアルロン酸を注入することにより、鼻を高くすることができます。

鼻が高くなり鼻筋が通ると、鼻先がシュッと細く見え、小鼻も小さく見えるそうです。

確かに鼻筋がカクカクな感じでスッとしていますよね。

頬のヒアルロン酸注入には、アゴを細くシャープに見せる効果があるようで、顔の輪郭を整えて若々しいフェイスラインを作ることができるそうです。

現在と若い頃の顔写真を比べてみると、頬がシュッとしたのは年齢によるものだとしても、鼻はかなり高くなったような気がします。

Sponsored Links

筋肉がすごい理由は?

武田真治さんといえば、体の筋肉がすごいことでも有名ですよね。

2018年8月には、NHKで『みんなで筋肉体操』という題名の筋トレ番組が放送されました。

ちなみに第2回は2019年1月に放送予定です。


この画像の武田さんは、メイクのせいもあるのかマイケル感が強いですね。笑

この「みんなで筋肉体操」は最新の理学的論理で導き出された超効率的な筋トレを紹介する番組です。

武田真治さんの肉体美について、ドラマなどで見せる繊細なイメージとのギャップにネットを中心に話題となっています。

そもそも武田真治さんが筋肉ムキムキになったのには理由があります。

実は、武田さんは25歳の頃に顎関節症を患い、食が細くなって痩せてしまった時期がありました。

私も顎関節症ですが、顎が痛いと食べるのが億劫になっちゃうんですよね。柔らかいかものばかり食べちゃったり。

武田さんはそのときに、医師から体全体の筋肉をつけるように勧められ、筋トレを始めたのがきっかけです。

週に2回、15km75分を目標にジョギングをし90kgのベンチプレスを上げるトレーニングも週に3回は行っているそうです。

かなりストイックな感じですね。

「僕にとって筋トレは精神安定剤なんです。肉体をコントロールしている僕には精神があるってことで、これをやって出かけると安心して出かけられる」

と独自の理論を語られています。

武田真治さんのこの発言に、ネット民は困惑しているようで、「かなりヤバいけど大丈夫なのか」「筋肉依存症か…」などのコメントが多くあがりました。

確かに昔のフェミ男の武田真治さんのイメージからはかけ離れていますよね。笑

しかし、筋トレ好きには共感を得ており「筋トレは精神安定剤ってすごくよくわかる」や「納得した」というような声が寄せられています。

ちなみに武田真治さんの好きなプロテインの味はいちご味だそうです。

ラブリー。笑

Sponsored Links





まとめ

武田真治さんは今も変わらないイケメンっぷりと、46歳という年齢を感じさせない肉体美を披露しています。

俳優、タレント、ミュージシャンとマルチに活躍している武田真治さん。

今後の益々の活躍が楽しみですね。

この人も最近顔が変わって話題に。

Sponsored Links