副業の確定申告が会社にばれない方法はある?正社員も内緒にできる?

副業、確定申告、ばれない方法、正社員

確定申告と聞くと、うわぁ〜めんどくさそうなんか難しそう〜っといったイメージが頭をぐるぐるしますよね。

最近は、副業をする人が増えてきたので会社員でも自分で確定申告する人が多いかもしれません。

でも、会社によっては副業禁止のところもあるので、確定申告が絶対に会社にばれないようにしたいっていう人もいますよね。

そこで今回は副業の確定申告が会社にばれない方法を紹介します。

Sponsored Links

そもそも確定申告とは?

確定申告とは、前年の1年間で払わないといけない税金はいくらなのかを明確にするために、前年の収入を税務署に申告することです。

主に自営業をされてる方が対象となり、会社員は個人で確定申告をする必要はありません。ただし、会社員でも副業をしている場合は、確定申告が必要。

勤めている会社からではなく他にも収入源がある場合は個人で確定申告しないといけなくなります。売り上げや経費で使った分のレシートや領収書などをとっておく必要があります。

確定申告が会社にばれる理由は?

副業している方の確定申告が会社にバレてしまう理由のひとつは、マイナンバー制度の導入です。

最近ではマイナンバー制度が導入されて皆さんに個別にナンバーがつけられるようになり、そのナンバーで色んな個人情報が管理できるようになりました。

会社に勤めている方は、このマイナンバーの提示を求められたはずです。このマイナンバーを会社に提示すると確定申告の際に、副業しているかどうかかバレてしまう可能性がなきにしもあらずな状況になりました。

副業している方は、会社からの収入+副業している所からの収入2つの収入源からの税金が加算されてしまうので他に仕事しているのではないかと疑われてしまう可能性があります。でも、バレずに確定申告をする方法があるので次でご紹介しますね。

その他にマイナンバーだけではなく住民税の金額によっても副業を疑われる場合があるので注意が必要です。様々な視点から疑われる可能性があるのでよく確認しながら確定申告を行いましょう。

Sponsored Links

会社にばれない方法はある?

副業している方はどうしても会社にバレたくないですよね!いま勤めている会社も辞めることになったら…。会社での悪い噂が流れて居づらくなったら…。なんて思うとキリがないですがぞっとしますよね。

そこで会社にバレずに副業先の確定申告をする方法をご紹介します。

ひとつめは、やはり副業先で稼ぎすぎないという事です。副業先からの収入が20万円を超えてしまうと必ず確定申告が必要となってきます。

しかし副業先からの収入が20万以下の場合は、税務署への確定申告はしなくても良くなりますが住民税の申告はしないといけない場合もあるので確認が必要です。

ふたつめは、確定申告のときに『特別徴収』の代わりに『普通徴収』にチェックをいれます。

特別徴収とは毎月の収入より住民税が差し引きされるもの。会社に勤めている方は納税は会社が代わりに行ってくれます。

一方、普通徴収とは普通徴収は自ら住民税を納めるもの。自営業など自らなにか仕事をしている、またはフリーターが対象ですね。

このように自ら行う普通徴収を行うと通知が自宅に届くので会社にはバレにくくなります。

まとめ

確定申告は面倒で難しいことですが、自分の収入に伴った正確な税金金額を知るのにはいい機会です。

会社勤めの方はなかなか縁がないお話しだと思いますが、副業している方はしっかりといまどのくらい稼いでいるのか把握しつつ20万円を超えないように上手く働いていく事が重要になります。

Sponsored Links

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください