冨田菜々風は鹿児島出身のご当地アイドルだった!高校や経歴もチェック!

冨田菜々風はご当地アイドル

HKT48の指原莉乃さんプロデュースの新アイドル・ノイミーこと「≠ME(ノットイコールミー)」のお披露目会見が2019年2月24日に行われました。

メンバーの冨田菜々風さんは鹿児島出身のご当地アイドルだったとか!

ノイミーの人気メンバー候補である冨田菜々風さんについて、高校や経歴もチェックしてみました。

Sponsored Links

冨田菜々風プロフィール

まずは冨田菜々風さんのプロフィールから紹介します。

公式プロフィールはこんなかんじです。

名前:冨田菜々風(とみた ななか)
生年月日:2000年7月17日(18歳)
血液型:A型
身長:161㎝
出身地:鹿児島県

うーん。最近お披露目されたばかりなので仕方がないですが、まだまだ情報が少ないですね…。ちなみに、愛称は「ななか」になった様子。

お披露目会見でのあいさつでは、次のように語っています。

「指原さんのように誰もが知っている国民的アイドルを目指して、個人としてもグループとしても幅広く活躍していけるような存在になれるように、みんなとヨボヨボになるくらい一生懸命頑張っていきます」

指原さんは現役アイドルでありながら他のアイドルグループのプロデュースや作詞を行ったり、バラエティー番組でMCを務めたりと大活躍ですもんね。

そんな指原さんを目標にするとは、野心家なタイプであるとみました。

さらに!特技は野性爆弾・くっきーさんの顔まねとダンスなんだとか。こんなにかわいい子がくっきーさんの顔真似!?想像がつきませんね。

いずれバラエティーなどで披露してくれるのでしょうか。見てみたいです。

ノイミーのオーディションが発表されてから冨田さんがデビューするまでの期間はなんと4ヶ月。

2018年11月12日にオーディションを行うことが発表され、あっという間にメンバーが決定した印象ですが、冨田さんを含めたメンバーはその間何回もの選考を受けてきました。

応募期間は11月12日から12月16日までの約1ヶ月、一次審査では書類審査が行われました。

約3週間後の2019年1月5日、6日には二次審査、そして通過者は1月14日~21日の1週間でSHOWROOMにてライブ配信を行いました。

このライブ配信は審査ではなく自由参加で、ファンの反応の様子見という感じでしたね。

そしていよいよ1月26日に最終審査&合格発表。オーディション自体は、一次審査の結果が知らされてから1ヶ月程度で終了しています。

そして2月24日、1ヶ月の準備期間を経て、満を持してメンバーお披露目という流れだったようです。

Sponsored Links

冨田菜々風は鹿児島ご当地アイドルのSeven Colorsだった!

実は冨田菜々風さん、芸能活動は今回がはじめてではなく、地元である鹿児島でもアイドル活動を行っていたんだそうです。

冨田さんが所属していたグループというのが、鹿児島県を中心に活動するご当地アイドルSeven Colors(セブンカラーズ)です(愛称はセブカラ)。


冨田さんは2015年2月1日に姉の冨田優風さんと一緒にセブカラに加入し、2018年3月25日までの3年間活動していました。

毎週土曜日には鹿児島市内のエンターテイメント居酒屋「Happy Dining 虹家」で定期ステージを行っていたようです。

また、セブカラは2016年の上半期、下半期どちらも「日本ご当地アイドル活性協会が選ぶアイドルセレクト10」というのに選出されていますので、ご当地アイドルとしてはかなり有名なグループのようですね。

ノイミーとしてのデビューが決まったから、もしくはノイミーのオーディションを受けるためにセブカラを卒業したのかと思いましたが、セブカラの卒業が2018年3月、ノイミーオーディション開催の発表が2018年11月ですのでノイミーが理由なわけではなさそうです。

セブカラを卒業した理由はわかりませんが、一緒にデビューした姉の優風さんがセブカラを卒業した1年後に冨田さんも卒業されています。

アイドルを辞めたお姉さんを見て自分も違うことに挑戦したいと思ったのかもしれませんし、高校3年生になる直前のグループ卒業でしたので、将来に向けての準備期間として時間を使うことにしたのかもしれませんね。

結局はノイミーとして全国区のアイドルデビューを果たしましたので、セブカラを辞めたことが英断となったわけですね。

Sponsored Links

出身高校やこれまでの経歴は?

ノイミーでは制服風の清楚系なスタイルがとっても似合っている冨田菜々風さん。

実際にはどこの高校に通っているのかも調べてみました。

冨田さんの所属は、鹿児島城西高校の普通科芸術文化コースのようですね。

なんと!芸術文化コースは鹿児島県内で唯一、芸能活動を本格的にバックアップしてくれる環境が整っているようです。

「芸能活動との両立OK」とかのレベルではなく、カリキュラムにダンスやオーディション対策などが盛り込まれているのですね。こんな高校があるなんて驚きです。

ちなみに本物の制服はこんな感じ。

夏はシャツ、冬はブレザータイプですね。冨田さんはセーラー服が似合いそうなので少し残念でしたが、もしかしたら今後写真集やシングルの衣装としてセーラー服姿が見られるかもしれませんね。

また、実はセブカラ卒業後、ノイミーのオーディションを受ける前にもある有名グループのオーディションに参加していた模様。

そのオーディションとはなんと、坂道グループの合同オーディション。受験番号27番として、最終審査の86名まで残っていました。

ですので、ファンからは坂道グループのオーディションに合格すると思われていたようですね。

しかし結果は不合格。最終審査まで残っての不合格はかなり悔しかったでしょうね。

でも半年後、坂道グループのプロデューサー、秋元康さんの教え子である指原さんプロデュースでデビューすることになったのですから不思議ですね。

Sponsored Links

まとめ

指原莉乃さんプロデュースの新たなアイドルグループ「≠ME」のメンバー、冨田菜々風さんについて調べてみました。

鹿児島県出身の冨田さんは元々鹿児島のご当地アイドルSeven Colorsのメンバーで、セブカラを卒業し坂道グループや今回のオーディションに参加。いよいよ全国区デビューを果たします。

芸能活動を積極的にバックアップする高校に通われているので、歌やダンスの他、トーク力にも注目したいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links