塚原千恵子の経歴や現役時代の画像は?宮川紗江へのパワハラの内容がやばすぎだが理由は?

女子体操

体操女子のパワハラ問題で宮川紗江選手が記者会見を開きました。

その中で出てきたのが、塚原千恵子強化本部長によるパワハラ

速見佑斗コーチのパワハラ疑惑から一転、実際は塚原千恵子強化本部長からのパワハラだったとのこと。

なんだかすごい展開になっています。

そこで今回は、塚原千恵子強化本部長の経歴や現役時代について、宮川紗江選手へのパワハラ内容と理由についてまとめてみました。

Sponsored Links

塚原千恵子の経歴は?

名前:塚原千恵子(つかはらちえこ)
旧姓:小田
生年月日:1947年8月12日
出身:長崎県
出身大学:日本体育大学

塚原千恵子さんは現在、女子体操の強化本部長を務めています。

塚原さんご自身も元々は体操選手で、1967年の全日本学生体操競技選手権大会で個人総合優勝を果たすなど活躍しました。

さらに、全日本選手権では5位入賞。

1967年夏季ユニバーシアードの女子団体では金メダルを獲得しています。

そして、1968年のメキシコオリンピックにも出場しており、個人総合119位、女子団体では4位入賞を果たしました。

その後も、

・日本体操競技選手権大会
・全日本学生体操競技選手権大会
・NHK杯体操選手権

優勝

国内では優勝続きで、華々しいですね。

1970年の世界体操競技選手権では団体4位入賞メンバーになるなど、女子新体操選手として活躍されました。

1972年に現役を引退すると同じく体操選手の塚原光男さんと結婚します。


塚原光男さんといえば、月面宙返り(ムーンサルト)を編み出し、オリンピック3大会で金メダルを獲得した選手。

体操界のレジェンドですよね。

さらに、塚原さんの息子はあの塚原直也さん。

アテネ体操団体で金メダルを獲得した時のメンバーです。

塚原家って体操界のエリートなんですね。

塚原千恵子さんは現役引退後は、指導者としてオリンピック体操コーチや塚原体操センター副校長などを務めて、多くの体操選手の指導にあたっています。

71歳になられる塚原千恵子さんですが、現在でも朝日生命体操クラブ女子チームの監督を務めるなど活動されています。

Sponsored Links

現役時代の画像は?

現在の塚原千恵子さんの顔画像はこちらですが、元体操選手って言われないとちょっとわかりませんでした・・

なので、現役時代の塚原さんってどんな感じなんだろうと思って調べてみたのですが、塚原千恵子さんの現役時代の画像は見つかりませんでした・・

現役時代はかなり活躍されていた方なので、もっと画像が出回っているのかなと思いましたが・・

こちらは、また見つかり次第紹介していきたいと思います。

宮川紗江へのパワハラの内容がやばすぎだが理由は?

さて、今回一番気になったのは、塚原千恵子さんから宮原紗江選手へのパワハラ行為

パワハラの内容がひどすぎでびっくりだったのですが、塚原千恵子さんがパワハラを行なった理由はなんだったのでしょうか。

宮川紗江選手へのパワハラ内容

まず、宮川紗江選手が語ったパワハラの内容についてまとめていきます。

2018年7月15日、宮川紗江選手は塚原千恵子強化本部長とその夫の塚原光男副会長に呼び出される。

そこでは、速見コーチの暴力を認めるように何度も促される。

塚原強化部長と塚原副会長から「暴力があったよね?」と執拗に問いただされたそう。

宮川選手が「家族とともに先生を信頼している」と拒否すると、

「家族もどうかしている。宗教みたいだ」と罵声を浴びせられる。

宮川選手は恐怖と苦痛で大変なショックを受けてしまう。

その後、

篠原強化本部長の付け人から「朝日生命の寮が1つ空いているから使ってもいい」と伝えられ、電話番号を渡される。

宮川紗江選手は、2020東京五輪特別強化に参加しなかったことで塚原本部長より

「五輪に出られなくなる」

と脅しのような口調で言われたことも明らかにしています。

さらに、それによって

・味の素ナショナルトレーニングセンターの使用を制限され
・海外派遣を見送られてしまう

ことになったそう。

自分だけでなく、パワハラを受けている選手は他にも何人もいることを明かしました。

塚原千恵子さんも夫の光男さんも体操界ではレジェンド的な存在でドンみたいな感じですよね。

そんな風になっちゃうと、もしかして自分のやりたいように圧力をかけていたのかなと思ってしまいます。

Sponsored Links

パワハラの理由は?

今のところ、塚原千恵子強化部長はパワハラを行なったとは発表していません。

宮川紗江選手が行なった記者会見でも、体操協会側の山本専務理事は、

今のところ、塚原千恵子強化部長、光男副会長の会見は行わないと発言しています。

なんとなく濁した感じに話していましたが、宮川選手からの申し入れがあれば、パワハラについて調査するとも言っていました。

今回、会見を開いた宮川紗江選手は、パワハラの理由について次のように語っていました。

自分で言うのも言いにくいんですが、ずっと私が世界選手権やオリンピックでメダルを取れる選手だと言われたので、朝日生命に入れば利益を得るので、私を朝日生命に入れるためにはコーチの存在が邪魔だということで力が働いたのではないか

宮川選手と速見コーチは、宮川選手がまだ小学生の頃からずっと一緒にやってきた仲。

信頼関係や絆がしっかりとあったでしょうし、宮川選手は速見コーチと東京オリンピックを目指していたはず。

暴力という理由を使って、宮川選手を自分の元に引き入れメダルを目指させるという目的だったとしたら、選手を道具のように扱っていると感じてしまいます。

強化部長から「オリンピックに出られなくなるわよ」と言われた時の宮川選手を想像すると、怖かっただろうなと。

まだ18歳の宮川選手が勇気を出して真実を公表しているので、体操協会や塚原千恵子強化部長もしっかりとその事実に向き合って欲しいともいます。

Sponsored Links

ネット上では宮川選手を応援する声が

宮川紗江選手が勇気を出して、会見を開いたことにネット上では応援の声が多数寄せられています。

速見コーチがパワハラを追求され、本人も暴力を認めたものの宮川選手がパワハラではないと訴える異例の展開。

そして、まさかの塚原千恵子強化部長のパワハラが暴露されてしまいました。

日大アメフト部の時は内田正人元監督は最後まで指示を否定する展開でした。

今回の女子体操パワハラ問題では、塚原千恵子強化部長や塚原光男副会長がどのような対応をするのか気になるところです。

Sponsored Links

まとめ

塚原千恵子の経歴や現役時代の画像についてまとめてみました。

塚原千恵子強化部長から宮川紗江へのパワハラの内容がひどすぎでしたが、宮川選手の勇気ある告白はすごいなと思います。

塚原強化部長が、暴力を理由に宮川選手を速見コーチから引き離して、自分の元に引き入れようとしていたとしたら卑劣なやり方だと思ってしまいました。

オリンピックを目指している選手の努力がきちんと評価されるようなスポーツ界であって欲しいと思います。

Sponsored Links