宇多田ヒカルの離婚理由や子供の親権は?現在の住まいはロンドンだが日本に戻る予定も?

宇多田ヒカル

歌手の宇多田ヒカルさんがイタリア人の夫と離婚したというニュースが入ってきました。

宇多田ヒカルさんといえば、2010年に人気絶頂の中「人間活動がしたい」と芸能活動を休止。

休止期間中にイタリア人男性との電撃結婚を発表したのち、出産もされました。

現在は、少しずつ音楽活動を再開されていて結婚生活も順風満帆なのかな?と思っていましたが、突然の離婚発表でびっくりした方も多いのでは?と思います。

そんな宇多田ヒカルさんの離婚理由子供の親権について気になったので調査してみました。

Sponsored Links

宇多田ヒカルの離婚発表の内容は?

歌手宇多田ヒカル(35)が、8歳年下のイタリア人男性と離婚したことを日刊スポーツが報じたことを受けて、所属レコード会社は7日、「離婚は事実です」とコメントした。離婚の理由や時期など詳細は明らかにしていない。
出典:https://www.nikkansports.com/

宇多田ヒカルさんの離婚発表を受けて、4月7日所属レコード会社は離婚は事実と認めました。

宇多田ヒカルさんご本人からの発表はありませんが、宇多田さんと元旦那さんの知人は

2人は数ヶ月前に別れている

と話しているそうです。

離婚時期は不明ですが、2017年中2018年の初めくらいにはすでに離婚していたっていうことなんでしょうね。

イタリア人夫との出会いから離婚まで

宇多田ヒカルさんとイタリア人の元夫・フランチェスコカリアーノさんの出会いはイギリス・ロンドン

宇多田ヒカル結婚

2010年から音楽活動を休止して人間活動に集中していた宇多田さんが、ロンドンに滞在していた時の出来事です。

当時のカリアーノさんの職業はバーテンダーで、ホテルのバーで働いていました。

そこで共通の友達の紹介で知り合ったそうです。

でも、出会った時は宇多田さんが日本で超売れっ子なアーティストだっていうのは知らなかったそうです。

もし知ってたら、緊張しちゃいそうですけどね。

プロポーズは宇多田さんから。

宇多田ヒカル結婚

2013年の夏に、フランチェスコさんの地元であるイタリアのプーリア州ファザーノ市に滞在していた時に、

宇多田さんから「ここで結婚しよう!」と伝えたそうです。

宇多田さんって計算したりしなさそうなあっけらかんとした性格なので、思わず口から出ちゃったんじゃないかなって思います。

カリアーノさんも結婚を承諾し、2014年にカリアーノさんの地元で結婚式を挙げました。

宇多田ヒカル結婚

当日は日本からのメディアや地元のマスコミが殺到してちょっとしたパニックになるほどだった王です。

2015年には男の子も誕生しています。

宇多田さんは子育てを楽しんでいるツイートをしていましたし、音楽活動もマイペースに再開されていたので結婚生活は順調そのものかなと思っていました。

が、2018年4月には数ヶ月前に離婚したという報道が出ました。

Sponsored Links

離婚理由はなんだった?

ニュースや宇多田さん本人からは離婚の理由が明らかになっていません。

ただ、実は宇多田ヒカルさんとイタリア人の元夫・フランチェスコ・カリアーノさんには、

2015年頃からすでに離婚の噂があったんです。

2015年て3年も前?!ってびっくり。

2014年に結婚したお二人なのに、翌年すでに離婚の噂がって早すぎじゃないかなって思いますが、それには理由があったそうです。

それは、カリアーノさんの専業主夫化だったようです。

宇多田さんよりも8歳年下のカリアーノさんは結婚当時23歳

うーん、若いw

宇多田さんと出会った当時、カリアーノさんはロンドンのホテルでバーテンダーをしていましたが、

結婚式のために休みを取ろうにも休めないほどの激務だったそう。

結局、カリアーノさんはその職場を辞めて、結婚後は専業主夫化していたそうなんです。

日本のある週刊誌ではホテルのバーを辞めて自分の店を持つための準備中と報道されたこともありましたが、

この情報は事実無根であると宇多田さんの父・照實さんがコメントしました。

宇多田ヒカルさんはカリアーノさんに働いて欲しいと思っていたようですが、カリアーノさんは働きに出ることはなかったみたいなんです。

宇多田さんとカリアーノさんが結婚した当初、日本の歌姫との逆玉結婚みたいに騒がれていました。

宇多田ヒカル結婚

バーテンダーの仕事ってそこまで収入が高くないと思うので、一旦、職場から離れたらゆっくりしたいっていう気持ちが出てきちゃったのかなって思います。

だって、配偶者が宇多田さんでめっちゃ稼いでいるとしたら激務の仕事に戻る気持ちって萎えちゃいそうです。

宇多田さんが稼いでカリアーノさんが家事や育児をしてって、バランスが取れていればよかったかもしれませんが、

そのあたりのバランス感覚が食い違っていたのかもしれませんね。

夫が働かないので、宇多田が精神的にまいってしまい、アルコール依存に陥っているという話まで出ています
出典:https://www.excite.co.jp/

夫が働かないので宇多田さんが参ってしまったっていう情報も出ていました。

夫が専業主夫っていえば聞こえはいいですが、実際はヒモ生活だったようなので、宇多田さんの中にはやりきれないものがあったかもしれません。

結婚当初、宇多田さんはカリアーノさんについて

「根が誠実で多くの友人に愛される好青年です」

って書いていました。

きっとその印象は変わっていないと思いますが、結婚生活を送っていく中でずれていったのかなと思います。

あと、女性って子供を産むとホルモンバランスが変わるからか、子供子供ー!って子供モードになるんですよね。

だから、旦那さんの相手とかってちょっとできなくなってきます。

結婚から1年でお子さんを出産しているので、カリアーノさんにとってはもっと宇多田さんに構って欲しいけど、宇多田さんは育児に全力みたいな感じを想像しちゃいました。

宇多田さんって自分の思いや生活を歌で表現したりツイッターなんかでつぶやいてくれるので、今後いろいろな思いを少しずつ見せていってくるのかなって思います。

Sponsored Links

子供の親権はどうなる?

宇多田さんとカリアーノさんの間には今年3歳になる男の子が一人います。

親権はどちらになるのかが気になるところですが、

イタリアでは2006年から共同親権が施行されており、離婚したとしても子供の親権は両方の親が持つということになっています。

なので、宇多田さんとカリアーノさんも離婚したとしても子供の養育は協力して行うことになるのかなあと。

宇多田ヒカル

ただ、宇多田さんが拠点を日本に移すことになったらどうなるんでしょうね。

何ヶ月に一回かイタリアまで行ってかリアーノさんに会わせる必要が出てくることもあるのかもしれないですね。

もしくは話し合いがうまくまとまれば、宇多田さん主導でお子さんを育てていくとになるのかもしれません。

3年前に宇多田さんの離婚報道が出た際には、

宇多田さんが手切れ金を払ってでも離婚し、宇多田さんが子供を引き取のでは?

と言われていました。

カリアーノさんには経済力がない状況なので、その条件を飲むしかないだろうと。

宇多田さんが日本で落ち着いて子育てをしたいという考えだったら、そういった交渉が行われたかもしれません。

現在の住まいはロンドンだが日本に戻る予定も?

宇多田ヒカルさんとカリーアノさんは結婚当初からロンドンに居を構えていました。

お子さんが生まれてからもロンドンで子育てしていたので、現在の住まいはロンドンです。

ただ、宇多田さんが音楽活動を再開するにあたって日本に拠点を移したいという話は3年前から出ているようなので、

離婚を機に日本に戻ってきて音楽活動に力を入れていくのかもしれませんね。

宇多田さんが2016年に音楽活動を再開したのは、音楽活動を離婚の理由にしたかったという話もあります。

宇多田さんの中で音楽活動って切っても切り離せないほど大切なものだと思いますし、

今後はお子さんを育てながら活動していくとなれば日本に戻ってくるのが自然な流れなのかなとも思います。

宇多田ヒカルの離婚にやっぱりの声も

宇多田ヒカルさんは、今回で2度目の離婚。

宇多田さんの最初の結婚相手は、紀里谷和明さん。

それに続く2度目の離婚ということで、ネット上ではやっぱりの声が。

宇多田さんってなんとなく1人でもバリバリ生き抜いていけるようなイメージがあるので、離婚してもやっぱりって感じなのかもしれません。

でも、母親としては子育てを楽しんでいるようなのでこれからの活動を見守りたいなって思っています。

個人的には、また宇多田さんの曲がたくさん聞けるのかもと今からワクワクしていますw

まとめ

宇多田ヒカルが離婚理由や子供の親権についてまとめてみました。

宇多田さんの離婚理由は夫の専業主夫化が一番の原因だったのかなって思います。

宇多田さんは元旦那さんが働いてくれるのを希望していたそうなので、働かない夫に精神的に参ってしまったようです。

また、お子さんの親権に関しては公表されていませんがイタリアは共同親権の国なので離婚後も共同で親権を持つものと思われます。

ただ、話し合いがうまくまとまれば、宇多田さん中心に子育てをしていくことにはなるんじゃないかなと思われます。

宇多田さんの現在の住まいはロンドンですが、今後は日本に戻る予定もあるようです。

また、精力的に音楽活動をされていくと思うのでファンとしては楽しみです。