ヴァンゆん、ゆんは会社社長ってマジ?ハーフで元アイドルの噂も調査!

これまで一度もYouTuberを見たことがない!って方はもうあまりいないのでは?

小学生のなりたい職業にYouTuberがランクインする時代ですし、ワイドショーなどでも取り上げられることが多いですよね。

そしてこの度、YouTuberの新たな歴史を切り開いた人たちが!

今回は、話題のヴァンゆんについて、ゆんは会社社長だとの噂やハーフで元アイドルの過去について調べてみました。

Sponsored Links

ヴァンゆんって誰?

そもそもヴァンゆんって??

というか、YouTuberとかTikTokerって、若いコがやってるから読みにくいのが多い!

…というのは置いといて。

ヴァンゆんとは、「ヴァンビ」と「ゆん」の男女YouTuberコンビです。

ヴァンビ:7月10日生まれ(年齢不詳)

ゆん:1994年12月5日生まれ(24歳)、本名:熊崎優美

こちらが二人の写真。

えっ!美男美女!!

なんなのカップルなの!付き合ってるの!?というのが気になるところですよね。

結論からいうと、ヴァンゆんは付き合っていません。

息びったりだし、カップルっぽい投稿をすることもあるのですが、2人はYouTuberが集まるイベントで出会ったことがきっかけでコンビとして動画投稿するようになったのだそう。

 

人気YouTuberはたくさんいますが、なぜ今回ヴァンゆんに着目したのか!

その理由は、ヴァンゆんがYouTuber初の○○だからです!

その○○とはズバリ、大手芸能事務所に所属していること!

2019年9月3日、ヴァンゆんが大手芸能プロダクション、太田プロに所属することが発表されました。

太田プロといえば、有吉弘行さん、指原莉乃さんなど、有名芸能人が多数所属する超大手です。

チャンネル登録者数100万人以上のYouTuberが大手事務所に所属する例ははじめてとのこと。

まず、チャンネル登録者数100万人ってどれだけすごいの?というところから見ていきましょう。

ヴァンゆんのチャンネル登録者数は、153万人(2019年9月現在)。

対して、「芸能人」というタグがついているものだと、RADWIMPS公式が140万人、カジサックことキングコング梶原さんが125万人ですので、その凄さがわかると思います。

ちなみに芸能人の1位は米津玄師さんで428万人。

これは圧倒的ですね。

話を戻して、そもそもYouTuberはその名のとおりYouTubeを主拠点としているため、芸能事務所に所属する必要はないんですよね。

ではなぜヴァンゆんは事務所に所属することにしたのか?

その答えはこちら。

『「マルチタレントになりたい」っていうゆんちゃんの夢を叶えるジーニーになろうと思います』

え?彼氏?王子なの?

こんなん言われたらキュンっとなっちゃいますよね~

それに対してゆんちゃんはこう。

こんな素敵なカップルある??

でも、付き合っていないと言い切っているところが安心して見ていられる秘密かもしれませんね。

私のおすすめ動画はこちら!

見ていて飽きないので、人気の理由がわかった気がします。

Sponsored Links

ゆんは会社社長ってマジ?

ところで。

ゆんちゃんは会社社長という噂が!

ゆんちゃん個人のYouTubeでは、コスメやファッション関連の動画を投稿していることが多いので、コスメプロデュースとかそのへんの会社を会社を設立したのかな~と思いきや、親の会社を継いでいるのだそう。

こちらの動画で告白していました。

実は、ゆんちゃんのお父さんは会社社長だったそうなのですが、ある日突然倒れ、そのまま他界。

長女のゆんちゃんが会社を引き継ぐことになりました。

何の会社なのかは明らかにされておらず、「代表取締役 熊崎優美」とゆんちゃんの本名で検索してもヒットしません。

もう会社のお仕事はやめてしまっているのか、HP等はない会社だったのかはわかりませんが、2017年12月時点では、YouTuberと会社のお仕事を両立していたようですよ。

ゆんちゃんの家族はお母さん、弟、妹の4人家族。

そして、ゆんちゃんは普段から家族にお金は出させず、正真正銘の一家の大黒柱なんだそう。

かわいくて、好きなことを仕事にしていて人生楽勝なんだろうなと思ったら大間違い!

こういう話をきくと、YouTuberとして成功出来てよかったね!と応援したい気持ちになりますよね。

Sponsored Links

ハーフで元アイドルの噂も調査!

さて、こんなにかわいいゆんちゃんはYouTubeをはじめる前もただの素人だったのか気になります。

ヴァンくんの言うように、ずっと「タレントになりたい」という夢を持ち続けてきたゆんちゃん。

この夢は、YouTuberとして注目されはじめてからではなく、ずっとずっと前から抱いていたようです。

有名どころでいうと、SKE48の5期メンバーオーディションを受け「仮合格」しますが、正規メンバーにはなれず。

BSJというアイドルグループのセンターとしてデビューします。

しかし、この最中にお父さんが倒れ、引退、そして会社を継ぐことになったようです。

そういえば、なぜお母さんではなくゆんちゃんが会社を継いだのか?

動画では、お母さんは外国人だからと説明していましたね。

たしかに、ゆんちゃんねるにたまに登場するお母さんの日本語はカタコトでかわいらしいのですが、ビジネスには不向きだったのかもしれません。

ゆんちゃんのお母さんはスペイン系フィリピン人で、ゆんちゃんはハーフなんだそう。

タガログ語、スペイン語がペラペラってすごいですよね~!

たまにお母さんとの会話が外国語(私にはタガログ語なのかスペイン語なのかわかりません。泣)になるのもおもしろいです。

Sponsored Links

まとめ

人気YouTuber・ヴァンゆんのゆんちゃんについて調べてみました。

ぶりっこキャラで人気のゆんちゃんは24歳。

お父さんが倒れ、天職だと思っていたアイドルを辞めて会社を継ぐなど、苦労人の一面もあります。

ハーフで元アイドルだというルックスは一級品ですので、昔からの「タレントになる」という夢を、相方のヴァンビくんと叶えていってほしいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links