渡哲也の現在(2018年)の病状は?病気やストーマ(人工肛門)で在宅酸素を支える妻や家族(息子)は?

渡哲也

渡哲也さんは石原プロモーションに所属する、日本を代表する俳優さんです。

“西部警察シリーズ”や、大河ドラマ“勝海舟”など様々な映画やドラマに出演されており、1度はお名前を耳にされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、最近はめっきりテレビでお見掛けする機会が減りました。実は、2015年頃から患われている病気が原因で、現在療養中なんだとか。

今回はそんな渡哲也さんを支えるご家族と、現在の病状についてお話したいと思います。

Sponsored Links

渡哲也の現在(2018年)の病状は?

先述したように、大物俳優としてその名を馳せていた渡哲也さん。

しかし、ある日を境に私たちがテレビで渡さんの姿を見ることがなくなりました。

渡哲也

公式サイトによれば、俳優業は2013年9月に放送されたTBS系の2時間ドラマを最後に出演していません。

報道陣の前に姿を現したのは、2014年8月に、元AKB48の前田敦子さんと宝酒造の日本酒・松竹梅“天”の新CM制作発表が都内で行われたのが最後です。

つまり、約4年近く、私たちはテレビなどで渡さんを見ていないのです。

この空白の4年の間に、いったい何があったのでしょうか?

2015年6月10日、胸の痛みを訴え、都内の病院で検査を受けたところ急性心筋梗塞と診断されました。

同日中にカテーテル手術を行い、7月11日までの1ヶ月間入院生活を送りました。

一時はかなり重篤な状態だったそうです。姿を見せていない間は、病気で倒れて闘病されていたのですね。

退院から約5ヶ月後の2015年12月、“松竹梅”のCMで仕事復帰をしています。

その後、2017年3月、渡さんの弟・渡瀬恒彦さんが亡くなられた時も姿を見せていますが、渡さん自身の病状も悪化。

順調にリハビリが進んでおり、これからどんどん状態がよくなっていくのかと思いきや、実は渡さんは、自宅のベッドから起き上がるのがやっとの状態だそうです。

CM出演を皮切りに、リハビリをしながら完全復帰を期待されていたファンの方も大勢いらっしゃいますが、また深刻な病状に陥っているようです。

Sponsored Links

病気やストーマ(人工肛門)で在宅酸素が続いてるってマジ?

では実際渡さんは、どのような病気にかかって、どんなリハビリや療養をされているのでしょうか?

渡さんが初めて大きな病気を患ったのは1991年、渡さんが50歳の時に大腸がん(直腸がん)が見つかりました。

最初に見つかったポリープは2つだったのですが、詳しい内視鏡検査を受けてみると、実は4つもポリープがありました。

早期発見だと思われていましたが、病巣は思いのほか悪化しており、直腸を25cmも切除しなければなりませんでした。

渡さんはこの直腸がんを受けて、ストーマ(人工肛門)をつけることとなりました。自身がオスメイト(人口肛門、人口膀胱をつけている人)であることを自らの口で発表し、話題となりました。

そして2015年、心筋梗塞を患い2度目の手術。1ヶ月間の入院生活を経て、退院後は自宅でストレッチなどのリハビリを行っていました。

また、病後のリハビリとして、ストレッチの他に“在宅酸素”というものを使っているそうです。

在宅酸素とは、体の中に酸素を十分に取り込めない人に対して、長期にわたり自宅で酸素吸入するという治療法です。

この在宅酸素療法を行うことにより、病状が安定し、仕事へ復帰することが可能となるそうです。

渡さんが仕事復帰できたのも、この在宅酸素の効果が大きかったと考えられます。

がん、心筋梗塞と2度も大きな病気を患い手術されていますが、適切な対応で渡さんの命を救ったのは、奥様の判断や献身的な介護があったからと関係者は言います。

心筋梗塞で突然の胸の痛みと息苦しさを訴えた渡さん。

熱を測ると体温計は38.8℃を示していたそうです。嘔吐感もあった為、妻の俊子さんはすぐに夫である渡さんを連れて病院へ向かいました。

奥様の適切な判断のおかげで、早期発見・早期治療にあたることができ、手術時間も1時間30分で成功したそうです。

CCU(心臓血管疾患集中治療室)では早期リハビリが開始され、数日後には一般病棟へ移ることができました。渡さんが入院していた1ヶ月間、渡さんの奥様は病室に泊まり込みで看病していたそうです。

退院後、自宅でのリハビリの際も「妻にいじめられながらリハビリしてます」と渡さんが発言されたように、奥様が献身的に看病されていたのがわかります。

心筋梗塞は発症から1時間以内に死亡する確率が1番高くなっています。そのため、病院に到着する前に亡くなるケースも少なくありません。

死亡原因のほとんどが心室細動と呼ばれる不整脈です。心室細動を起こすと、1分経過するごとに生存率が約10%低下するといわれています。

こういった心筋梗塞の特徴を考えると、本当に早い段階での判断がかなり重要とされます。

救急車を呼べばすぐに駆け付けてくれるとはいえ、5~10分程はかかるので、渡さんのマネージャーの車で病院へ向かったというのは、とても大事な判断だったといえます。

Sponsored Links

渡哲也の妻や息子は?

そんな献身的な奥様ですが、渡さんとの出会いはいつだったのでしょうか?

渡さんは1971年、石川俊子さんという一般女性の方と結婚しました。二人は青山学院大学の卒業生で、恋愛結婚だったそうです。

渡さんが芸能界に入る前からの交際で、芸能界入りを後押ししたのは俊子さんのお父さんだと言われています。

俊子さんは渡さんの1年後輩で、青山学院大学在校中から交際していました。

その期間はなんと8年!大恋愛ですね。結婚された時の俊子さんの年齢は29歳。当時の29歳といえば、結婚するにはかなり行き遅れた年齢です。


渡さんのことを信じ、待っていたのだとしたら、当時から献身的な女性であったことが伺えます。

また、渡さんには一人息子がいらっしゃいます。息子さんも一般人の為、詳しい情報はありませんが、ネットでは建設会社のサラリーマンであるという噂があります。

渡さんの息子さんの顔画像などは出回っていませんが、鹿島建設に勤務しているのでは?とネット上では言われています。

体育会系の男性のようで、大学時代はアメリカンフットボールをされていたとのこと。芸能界入りは渡さんが反対したという噂もあります。

渡さんの息子さんなのできっとイケメンなんでしょうね!

息子さんも大学時代の同級生と結婚されているということなので、両親と同じですよね。

お子さんがいらしゃるかどうかまでは情報がありませんが、もしお子さんがいらしたとしたら渡さんのお孫さんになりますね。

きっと優しいおじいさんなんだろうなと想像しちゃいますね。

渡さんが病気をされてから、息子さんも渡さんの家の近くに引っ越してきたそう。家族思いの良い息子さんです。

まとめ

いかがだったでしょうか?渡哲也さんが近頃テレビに姿を現さなかったのは、闘病生活が原因となっていたのですね。

回復に向かっていたと思われていましたが、最近ではまた病状が悪化してるそうです。

十分に養生されて、またテレビで元気な渡哲也さんの姿が見れることを祈っています。