ウィリアムソン師円の両親の国籍や出身はどこ?妹レミもスケート選手で実力もすごい件

平昌オリンピックも目前と迫ってきて、かなりわくわくしてきましたね!

テレビでも、平昌オリンピックについて放送されるなど国民にとって楽しみのひとつとなってきています。

そこで今回はスピードスケート選手のウィリアムソン師円さんに的を絞ってご紹介します。

気になる国籍やご家族のことについてとことん掘り下げていきます。

Sponsored Links

ウィリアムソン師円のプロフィール

名前:ウィリアムソン師円(ウィリアムソンシェーン)と読みます。読み方が難しいですが、とってもかっこいいお名前ですよね!
英語表記:Shane Williamson
生年月日:1995年4月28日
出身地:北海道浦河町出身

現在は山形県の山形中央高等学校に在籍中だそうで、勉学にスポーツに両立を頑張っておられます!

そしてなんと在学中に、ソチオリンピックの日本代表に選ばれました。高校生でオリンピック選手とは…。お友達も鼻高々ですね。きっと学校でも人気者なんだろうなあ〜なんて思ってしましました!
6歳頃からスケートを始め、中学校ではスケートだけでなく陸上や野球にも熱心に取り組んでいたようです。

軟式野球では捕手として北海道で準優勝を収めておりかなり実力派。この頃から運動神経抜群だったことが伺えますね!
そのあと本格的にスケート選手を志すようになり、高校在学中にもたくさんの選手権で優勝を収めています。
驚くことにオリンピック選手に選ばれる際、実はお父さんの母国であるオーストラリア代表からもお誘いがあったとか…。

でもウィリアムソン師円さんは生まれ育った日本代表になることを選んでくれたとか!私達にしてみたらとても嬉しいことですね!!
現在は日本電産サンキョーに所属しており長野県に在住しています。

そして2017年12月30日に平昌オリンピック代表選考会にて男子1500メートルマススタートチームパラシュートの日本代表に選ばれました。
どんな試合を見せてくれるのか楽しみで仕方ありません。

Sponsored Links

両親の国籍や出身はどこ?

オーストラリア出身のお父さんと日本出身のお母さんをご両親にもつウィリアムソン師円さん。

とってもイケメンでびっくりしました。やっぱりハーフっていいなぁとつくづく実感!そして名前の由来はお父さんが好きな映画の「シェーン」からとったそう。
実はお父さんは競走馬の調教師だそうでウィリアムソン師円も幼いころは乗馬を楽しんでいたそうです。

この感じなら、競馬選手も出来るんじゃない?!と思いますよね。

それがなんとウィリアムソン師円さんは牧草アレルギーを持っていて、競馬の道は断熱したようです。牧草アレルギーってなかなか聞かないし、珍しいですよね。
お父さん的には、やはり息子には自分の仕事である調教師を継いでほしかったりしたのかな〜っとか色々考えてしまいました。

実際のところは分かりませんが、オリンピック選手に選ばれたことですしこれはこれできっと運命なのでしょうね!

妹レミもスケート選手で実力がすごい!

ウィリアムソン師円さんには妹がいて名前はウィリアムソンレミさん!なんと兄弟でスケートをしています。
日本スケート連盟のホームページに載っているプロフィールを簡単にご紹介します。

右側がレミさんですね。

ウィリアムソンレミ

名前:ウィリアムソンレミ
生年月日:2000年1月14日
身長:166センチ
所属:山形中央高校
趣味:パン屋めぐり

だそうです。プロフィール写真をみると想像とは裏腹に、男らしい?感じでハーフということがひと目で分かります!

お兄さんにとっても似ていてアスリートっていう感じがバンバン伝わってきます。とってもキリッとしたキレイな顔立ちでうらやましいです…。

芸能人でいうとホラン千秋さんみたいな感じですかね!いや〜わたしもハーフに産まれたかった…(笑)
趣味はパン屋さんめぐりと、女の子らしい一面もちらほら♡わたしもパン屋さんめぐり我大好きなので、とても親近感が湧いてしまいました。
ネットで他の写真を調べてみると、普段は可愛いらしい笑顔の写真がたくさんみられました!競技中は、きりっとした真面目な写真が多くオンオフがはっきりした切り替え上手な選手なのかな〜と感じました。
兄弟切磋琢磨しながらスケートで世界大会出場を目標に掲げ頑張っておられます。
大注目もスケート兄弟ですね!これからの活躍に期待したいです!

まとめ

この記事を 書くまでは ウィリアムソン師円さん のことは 全く知りませんでした。スケートという競技はあまり注目されにくい競技ではあります。

平昌オリンピックもすぐ始まるので、普段見逃しがちだった競技にも注目していきたいと思いました♡もちろんウィリアムソン師円さんにも、活躍を期待しつつテレビの前で応援していこうと思います。
みなさんもぜひ一緒に応援して、平昌オリンピックを盛り上げていきましょう!

Sponsored Links

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください