湯島ちょこが暴露した銭湯界の闇の内容は?弟子を削除された理由がやばかった

湯島ちょこ銭湯絵師

銭湯絵師界の闇を暴露したとして注目されている湯島ちょこさん。

閉ざされた世界であるだけにいろいろと大変なこともあったようで、湯島さんはSNSを通してこれまでの経験を語っています。

本記事では、湯島ちょこさんが暴露したとされる銭湯界の闇の内容や、弟子を削除されたやばい理由について調べてみました。

Sponsored Links

湯島ちょこって誰?

まずは話題になっている湯島ちょこさんの写真がこちら。

第一印象は、若くてきれい!

「銭湯」とか「絵師」という言葉からくる職人のようなイメージとは全然違いました。

プロフィールはこんな感じです。

名前:湯島ちょこ
本名:不明
生年月日:1992年4月23日(26歳)
身長:160cm
スリーサイズ:B80/W57/H88
特技:イラスト制作、漫画制作、水泳、弓道

スリーサイズまで公表されているの!?と驚きましたが、銭湯アイドルとしても活動しているようです。

過去には『有吉ジャポン(TBSテレビ)』の「フリーアイドル特集」にも出演したことがあるそうですよ。

ただし本業はアイドルではなく漫画家だそう。

主に銭湯、昭和レトロ、着物、お面や廃墟などを描いているようです。

銭湯好きが高じて、銭湯のPRの一環で銭湯関係のアイテムのデザインも手掛けています。

銭湯アイドルとしての活動は、グループではなくソロで行っている様子。

2017年に『GO!SENTO』という曲をリリースしています。

週末をメインに、「オフろう会」というオフ会も開催。

銭湯を1日で3軒ハシゴするというイベントで、参加者には湯島ちょこさんとの2ショット写真という特典もあるようです。

ちなみにこのオフろう会、写真がアップされていた回の参加者は男性のみでした。

これは男湯でするの?女湯でするの?会場は貸し切り?等、疑問がたくさん。オフろう会の詳細についての情報は出回っておらず、謎が残りました。

Sponsored Links

湯島ちょこが暴露した銭湯界の闇の内容は?

それでは本題です。今回、湯島ちょこさんが銭湯界の裏を暴露したと言われていますが、どんな内容だったのでしょうか?

正確には銭湯絵師界の闇ですね。

まず、銭湯絵師とは、「銭湯の浴室壁面にペンキで巨大な富士山を描くお仕事」のこと。銭湯絵師である田中みずきさんのブログより引用。

昔ながらの銭湯って、湯船のところの壁面に富士山が描かれているイメージってありますよね。

あの絵を描くお仕事だそうです。この絵のことをペンキ絵と言ったりもするようですよ。

こちらは、阿部寛さん主演の映画『テルマエ・ロマエ』の撮影でも使われた、東京都北区にある稲荷湯の壁画です。


この動画の27秒あたりのシーンですね。

でもよく見ると、映画のシーンと現在の稲荷湯の富士山が違うことがわかります。

一生懸命に調べてみたところ、なんとテルマエ・ロマエ撮影後に稲荷湯の浴場が改修されていたことがわかりました。

ロケ地巡りをしても、映画と同じ絵にはお目にかかれないようです。泣

少し脱線してしまいましたが、現在、日本の銭湯絵師さんは3人しかいないんです。

一人目が83歳の丸山清人さん。

二人目が73歳の中島盛夫男さん。

そして田中みずきさんです。

丸山さんと中島さんが兄弟弟子、田中さんが中島さんの弟子という関係のようです。

丸山さんは弟子をとらないことで有名だったのですが、現在は勝海麻衣さんという方が弟子入りしています。

湯島ちょこさんが暴露したのは、丸山さんの一番弟子は勝海さんではなく湯島さんだったということ、一番弟子が入れ替わった背景には大きな圧力がかけられているということです。

銭湯絵師という狭い世界であることや弟子という特殊な関係性から、感情面での行き違いや誤解からトラブルに発展したのかと思いましたが、圧力とは穏やかではないですよね。

詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

湯島ちょこが弟子を削除された理由がやばかった…

まずは、湯島さんが弟子を外されたという事実はあったのかどうか、確認してみましょう。

湯島さんの主張はこうです。湯島さん自身のツイートは複数回にまたがって投稿されているので、こちらで概要をまとめました。

湯島さんは銭湯絵師の仕事を若い人に知ってほしいと思い、銭湯絵師になるためではないが丸山さんの仕事現場に出入りしていた。そこで丸山さんに弟子になるかと言ってもらえて嬉しかった。

その後すぐ、勝海さんが丸山さんに弟子入りしたいと訪ねてきた。

そこで、丸山さんから湯島さんには何も教えていないことにすると言われた。勝海さんからは、(キャラが)被って迷惑している、湯島さんが丸山さんの弟子だったという事実はないと謝罪をするように言われた。

引用:湯島ちょこツイッター

キャラが被って困惑している!?うーん、その理由は…

弟子になるって、正式な証明書みたいなものがあるわけではないので自分が弟子だ!って証明するのは難しい部分があるかもしれませんね。

丸山さんの「弟子になるか」という言葉も、湯島さんと一緒に作業しているうちに弟子みたいだなーと思って気軽に言ったものかもしれません。そもそも弟子という定義が曖昧ですからね。

ただ、丸山さんが「何も教えていないことにする」と言ったのにはある人からの圧力があったようで…。

その人というのが、日本銭湯文化協会理事を務める人物だと言われているようです。

その方がが勝海さんのお父さんと知り合いで、丸山さんに対して口利きを行ったのではないかと言われています。

誰かの口利きで弟子になるってこと自体はありそうかなとは思いますが、何も教えていないことにする理由が謎ですね。。

さらに、勝海さんはモデルとして芸能活動をしていることもあり、銭湯絵師という肩書をつけて他のモデルを差別化を図ろうとしたと思われているのです。

湯島さん自身はもともと銭湯絵師を志していたわけではないので、勝海さんが丸山さんの弟子になることについては異論がなかったと思います。

おそらく、これまで真剣に学んできた事実がなかったかのようにされたり、銭湯絵師という肩書を勝海さんの価値を上げるためだけに利用されるということが悲しく、憤りを感じたのでしょうね。

湯島さんの暴露が勝海さんの盗作騒動に便乗して行われたために、湯島さんを批判する声も多くあるようです。

ただ、湯島さんは以前から告発するなら注目されるときにしないと意味がないと考えて機をうかがっていたそうで、売名目的ではないと主張しています。

Sponsored Links

まとめ

湯島ちょこさんが暴露した銭湯界の闇について調べてみました。

湯島ちょこさんは漫画家兼アイドル。

銭湯絵師の丸山清人さんからペンキ絵の仕事を学んでいたところ、勝海麻衣さんも丸山さんの弟子として入門。

勝海さんの知名度を上げようとする圧力が加わり、湯島さんは丸山さんの弟子ではなかったということにされたというのが湯島さんの告発です。

弟子入れ替わり騒動の他にも勝海さんの盗作疑惑も浮上しており、この件が解決するには時間がかかりそうです。

このトラブルによって、銭湯絵師という貴重なお仕事にマイナスイメージがつくことがないと良いのですが。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links